2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月14日

旭化成のイメキャラ「イヒ」君が引退

イヒ」君といえば、眼鏡をかけ、コミカルな動きが人気の旭化成のキャラクター。その「イヒ」君が引退することが決まったそうです。

ihi.gif

旭化成のイメージキャラクターとしてテレビCMなどで10年もの間親しまれてきた「イヒ!君」。7月にも、遅くとも今秋までにもこれに代わる新たな企業CMを制作、放映する方針なのだそう。

詳細は以下

「イヒ!」君は、旭化成のDNAをすべてたたき込んだイメージキャラクターとして10年前に生まれました。中学時代にカエルの解剖で実験の面白さに目覚め、大学卒業後に旭化成入社、製造および研究に明け暮れる40歳。家族構成は妻と子供2人(男・女)。性格はおおらかで好奇心旺盛、ときどきとんでもないことをひらめく人物。母性本能をくすぐるタイプ。

名前の「イヒ」は、旭化成の「化」の字を左右の「偏」と「つくり」に分解したもの。また時代が動くとき、変化するとき、新しい技術・文化が生まれるとき、ひらめくときなど、“パッ”と局面が開けたときのイメージも込められています。

まじめ人物キャラと「イヒ」の言葉の取り合わせが、堅苦しい企業イメージを親しみやすい身近な存在に変えたことが評価され、98年「ベスト・コピー・オブ・ザ・イヤー入賞」「消費者のためになった広告コンクール銅賞」「ギャラクシー賞入賞」など数多くの賞を受賞しています。

新CMについて、同社は内容を明らかにしていませんが、新しいキャラクターは置かない方向で「ブランド力を向上させられるような企画を練っている」とのこと。なお、「イヒ!」のコピー自体は今後も各種の広告・宣伝などで継続して使用するそうです。

私自身もあのCMは好きで、流れると思わず見入ってしまうほどでした。キャラクター設定まであったなんて知らなかった・・しかし、CM界から消えてしまうなんてちょっと残念です。次回の新しいCMではキャラクターを使わないとのことなので、どんなコンセプトで出来上がるのか、楽しみです。

旭化成公式サイト


関連記事
ホームレスの自立を応援する雑誌「BIG ISSUE」
「今何してる?」を携帯でTwitterモバイルスタート
JDNカレンダーデザインアワード2008
中国の石景山遊楽園模倣問題
永遠の11歳 リカちゃんが国際結婚へ
ファミカセラベル企画展「わたしのファミカセ展2007」
音楽の祭典 「野外夏フェス07」



posted by admin at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。