2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月15日

人気ラーメン店「一風堂」NY進出へ

日本全国に店鋪展開する人気ラーメン店「一風堂」が、海外進出を果たすことになったそうです。年内を目標にニューヨーク・マンハッタン島・イーストビレッジに出店する予定なのだそう。

ippudo.gif

目的としては「一風堂ブランド」の価値を高めること・世界でチャイニーズヌードルの印象が強い「ラーメン」を差別化し、「スシ」「テンプラ」に続く日本食文化として広める先駆者的存在になること。一風堂のし出店をきっかけに、ラーメンといえば日本と呼ばれる日がくるかも知れません。

詳細は以下

一風堂は1985年、大名の路地裏に「博多一風堂」としてオープン。メニューは、とんこつラーメンのみで赤丸新味(濃厚タイプ)と白丸新味(さっぱりタイプ)の2種類。他に替え玉、明太子ごはんとチャーシューが提供されています。

私も来店したことがありますが、とにかく入り口は凄い行列でした。(というか並んで無い日はあまりないぐらい・・)薬味としてすりごまや、まるごとのニンニクが置いてあり(専用の道具でニンニクを潰して入れる)自分好みの味で食べられ、そしてとても美味しかったです。

NYに出店される店鋪は、2001年のニューヨークテロ事件でいったん凍結していたそうなのですが、2年前に再び話が本格化。店舗面積80坪・席数80〜85席・営業時間11時〜26時を予定。博多の屋台を「スタイリッシュ」に表現した待ち合い室やラウンジ、個室を設けるとのこと。国内で展開する同店より落ち着いた雰囲気を演出し、「アルコール類、創作料理、締めにラーメンを楽しむ」という同店が運営する「ラーメンダイニング 五行」のスタイルに近い業態にするという。

スタッフは現地でも募集を行いますが、日本から全社員を3〜4人ずつ交代で研修として派遣するそうです。これにより、日本でのサービスのレベルアップの相乗効果も狙う考えなのだそう。

日本人にとって、もはやラーメンは中国料理というイメージではなく、一種の日本文化という存在になっています。ブームはまだまだ廃れることはない印象を受けますし、日本オリジナルのラーメン文化が海外出店によってどこまで浸透するのかが注目を集めるところ。一風堂を始めとして今後他店鋪が海外へ進出する第一歩となったのではないでしょうか?

一風堂

via イメージ写真
via 天神経済新聞

関連記事
旭化成のイメキャラ「イヒ」君が引退
ホームレスの自立を応援する雑誌「BIG ISSUE」
「今何してる?」を携帯でTwitterモバイルスタート
JDNカレンダーデザインアワード2008
中国の石景山遊楽園模倣問題
永遠の11歳 リカちゃんが国際結婚へ
ファミカセラベル企画展「わたしのファミカセ展2007」


posted by admin at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
こんにちは。
いつも楽しみに拝見させていただいております。

まさか、designworksさんで一風堂を見るとは思いませんでした(笑)

福岡にいたころはしょっちゅう通っていましたよ。
福岡天神店はいつも行列でしたが、福岡市南区大橋の店舗は穴場で、平日だと並ばずに入れたものです。
(私が住んでいた約1年半前の記憶ですので、現在はどうなっているかわかりませんが)
お近くの方はぜひ。

Posted by glad design シバタ at 2007年05月15日 23:02
glad design シバタ様>コメントありがとうございます。私の職場の近くにも店舗があるのですが、こちらもいつも行列。それがとても印象に残っていたので、このニュースを知った時に思わず記事を書いてしまいました。またおもしろいネタがありましたらどんどん紹介していこうと思います。
Posted by 管理人 at 2007年05月17日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。