2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月17日

米Amazon、DRMフリーの楽曲を販売開始と発表

先日「EMI、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ-ビジネスは成り立つかのか!?」で紹介したDRMフリーの楽曲ですが、EMI,iTunesStoreにつづいて米Amazonが、今年後半にDRMフリーの楽曲をMP3形式で提供するオンラインミュージックストアを開設するとのことです。

nodrmdrm.jpg


CNETJapanによればAmazonの最高経営責任者(CEO)であるJeff Bezos氏は声明で「すべての楽曲でMP3を採用する。これは、Amazonで購入する楽曲のすべてがDRMフリーとなり、どのデバイスでも再生できるようになることを意味する」とコメントしているそうです。

詳しくは以下

DRMとはDigital Rights Managementの略で、動画音声コンテンツの著作権を保護する仕組みです。例えばWindows Media TechnologyというDRMが盛り込まれたWMAファイルは、AppleのiPodに対応していないというぐあいに、単純にコピーして様々な機器でも再生することができないようになっています。DRMフリーになることにより、ユーザーは楽曲を、PCやiPod、Zune、Zenなどのあらゆる端末で再生したり、CDに焼いて私的に使用したりすることが可能となります。

同じくDRMフリーを容認しているEMI Musicと提携し、同社が提供するDRMフリーのプレミアム版楽曲も提供巣売る方針だそうです。
Amazonのオンラインミュージックストアについての料金体系は現在のところ不明で立ち上げが価格体系を発表するとしています。

デジタルデバイスの多様化と普及でDRMはスマートなものではなくなってきています。大手が次々とDRMフリーで楽曲販売に踏み切ることで、音楽業界全体の仕組みや流れが変わってきそうです。今後DRMは主流となるのか否かはユーザーの選択や利用状況で大きく左右されるものとおもいます。

via CNETJapan,イメージ写真

関連記事
Intel、7月と9月にCore 2 Duoの価格改定
人気ラーメン店「一風堂」NY進出へ
旭化成のイメキャラ「イヒ」君が引退
ホームレスの自立を応援する雑誌「BIG ISSUE」
「今何してる?」を携帯でTwitterモバイルスタート
JDNカレンダーデザインアワード2008
中国の石景山遊楽園模倣問題



タグ:DRM 音楽 Amazon
posted by admin at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。