2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月19日

ペーパークラフトで作る日本一のゆるキャラ

「ゆるキャラ」とは「ゆるいキャラクター」の略名。国や地方公共団体などが、イベント・キャンペーン・村おこし・名産品の紹介などのような地域全般のPR、コーポレートアイデンティティなどに使用する、可愛いのか可愛くないのか微妙なキャラクターのことをいいます。

sugitti.jpg

先日某テレビ番組で放送された「ゆるキャラ日本一決定戦」で優勝した秋田市「秋田わか杉国体」のマスコットキャラクター「スギッチ」がペーパクラフトになりました。手作りでマスコットを作ればさらにゆるさが倍増すること間違いありません。

詳細は以下

ゆるキャラの名づけ親は、以前このブログでも紹介した「全日本コール選手権」での解説をつとめる漫画家のみうらじゅん氏。「ゆるキャラ図鑑」などの単行本も手がけています。以前に本を拝見したことがあるのですが、全国にこんなにも微妙なキャラクターが存在するんだ・・っていうぐらいいろんなものをモチーフにしたキャラが登場します。

型紙は、9月から秋田全県で開催の秋田国体を盛り上げようと秋田市の職員が考案したものなのだそうです。緑色の杉をイメージした潤んだ瞳のキャラクターを自分で制作することができます。かなりマニアックなキャラクターですが、作って会社などの机の上に置いておけば意外にも人気者になるかも・・

ちなみに、組み立て所要時間は20分〜30分だそう。手軽に楽しく作る事ができそうです。型紙は秋田市役所のホームページから無料ダウンロードできます。(pdf)気になるかたはお暇なときにダウンロードして作ってみては?

秋田市役所のホームページ(ペーパークラフト)




関連記事
生まれ変わった「国立新美術館」のカタチ
アナログとデジタルの狭間をついたUSBサブカルチャー
シャツのグリッドを利用した刺繍アート、ピーチ姫が袖に登場
ミシン目で切り取るオシャレ名刺が作れる「Shinebox Print」
東京タワーにオープンした クリエイタ−発「東京カレーラボ」
消費量を数字ではなく目で見るサイト
マスキングテープを使ったアート展開催
ユニクロからリビングライン「HOTELS HOMES」
Geek(パソコンオタク)デザインなTシャツ


posted by admin at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。