2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月22日

10分でできるコメントを集めるための5つの方法

当サイトにもありがたいことにコメントを寄せてくださっている方がいます。コメントを切望しているわけではないのですが、自分が書いた記事や取り上げた内容に反響があるのは嬉しい物です。

commentoadd.jpg

ブロガーの中にはコメントを愛してやまない方も多いはず…そんなブロガーのためにブログヘラルドでコメントを集めるための手法(10 Minute Blog Tips: Get More Comments)が公開されていましたので、紹介しながら考察してみたいと思います。

コメントを集めるための5つの方法は以下

1. プラグイン
「コメントの購読」プラグインをインストールする。例えば、Wordpress(ワードプレス)にはこれ。このプラグインはコメンターに対してコメントに返信が寄せられたことを知らせるもので、その結果ディスカッションを続けることができるようになる。

MTならMT-Notifierと言う物もあります。コメントも数多く記事があると残した方も残された方も、そこを再度チェックすると言った行為をしなくなる恐れがあります。プラグインを用いて円滑にコミニケ−ションをとってコメントを促進させようと言うことでしょうか?ちなみにユーザー側に向けてのサービスとしては、他人のブログにコメントを書いたときはその後に返信があったかどうかを知らせてくれる「ブログコメントチェッカー」というサービスもあります。


2. 出し渋り
すべてを記事に出し切らないようにしよう。質のいい記事にする必要はあるが、会話ができるようにある程度含みを残しておこう。

コメントと言うよりは突っ込まれることを前提で書くと言うことでしょうか。文章力が無いと難しそうな方法です。


3. トピック
過去に、どのようなトピックあるいはディスカッションが活発に展開されていたかを考え、訪問者が好きな話題を把握しよう。

どんな時にどういった数のコメントが入ったのか、どういう記事が受けたのかなどユーザーやブログを把握することをするということでしょうか?検証できるほど当ブログはサンプル数がないので難しいところです。


4. 歓迎
友好的に、親しみやすいキャラクターを演じよう。コメントを歓迎していることが分かるようにするのだ。デフォルトの「コメントを受け付けない」を変更し、コメントを寄せたくなるようなものにしよう。

スパムが多くなりすぎないようにコメントやTBを承認制にしてしまっている弊害か気づいて時間のある時にレスポンスするという形になっています。しかしこれが問題なのかもしれません。


5. 招待
これが一番大事。質問するのだ!人は許可を得るために待っていることがある。訊かなければ分からないよ!

少し分かりにくい説明ですがつまりは「みなさんはどうですか〜?」とユーザー側に問いかけたり参加を促したりする文章を入れると言うことだと思います。


「一度走り出せば後は簡単。君のブログが寛ぐ場所として認識され、コメントがコメントを呼ぶことになる。」とこちらの方法を提唱しているクリス ギャレット氏はコメントしています。ブロガー全てがコメントを求めている訳ではないとは思いますが、コメントを集めたいブロガーの皆さんはためしてみてはいかがでしょうか?

via ブログヘラルド,イメージ写真

関連記事
あなたの不安を取り除く10の方法
早起きするための5つの方法と早寝早起きのまとめ
眠れない時に試す9つの方法
無料ブログを卒業する6つのタイミング
人生に効く157の名言
良いパパになるための12ヵ条「How to be a Great Dad」
ブログのアクセス数を増やすための15の方法とDesignWorks
時間管理十訓
posted by admin at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック