2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月27日

早起きするための8つの方法

最近睡眠、早起きについて「心地よい睡眠のための17のTips」や「眠れない時に試す9つの方法」といくつか紹介してきまして、自分なりの早く起きる方法を「早起きするための5つの方法と早寝早起きのまとめ」というかたちで紹介してきましたが、今回も眠り、早起きについての方法論を紹介します。

wakeupupup.jpg

これは「10 Benefits of Rising Early, and How to Do It(早起きするための8つの方法)-zen habits」というエントリーをPOLAR BEAR BLOGさんで訳されているものです。

詳しくは以下

1. すぐに睡眠パターンを一変させようとしない
普段より15〜30分早く起きてみて、慣れたらまた15分程度早くしてみるなど、少しずつ早起き型に変える。

2. 早寝する
これは当然ですね。テレビやネットを見たりして、無駄に夜更かししないこと。眠くなくてもベッドに入れば、思ったより寝てしまうもの、とのことです。

3. 目覚まし時計をベッドから遠ざけておく
これもよくある話。近くにあると、すぐにアラームを解除したり、スヌーズにしてしまう。ベッドから出なければいけない位置にあれば、解除する間に目が覚める。

4. 部屋から出る
アラームを解除したら、すぐに寝室から出て行くこと。例えば起きてトイレに行き、手を洗い、鏡で自分の寝ぼけ顔を見てみると目が覚める。

5. 二度寝を正当化しない
二度寝しようなどと思わないこと。二度寝を正当化する理由が見つかれば、決して早起きすることはない。

6. 起きる理由をつくる
何か朝にやることを設けておけば、早起きのモチベーションとなる。例えば早朝はブログを書く時間にしてしまうとか?

7. 早起きを楽しくしてしまう
美味しいコーヒーを飲む・美味しい朝食を食べる・美しい日の出を見る、などなど。楽しいことがあれば、早起きは苦ではなくなる。

8. できた時間を有効活用する
早起きしたからといって、余った時間を無駄に使わないこと(ボーっとブログを読むとか)。仕事や勉強の準備をするとか、体を動かすとか、しなければいけないことを早めにスタートするように。


と言うものです。「1. すぐに睡眠パターンを一変させようとしない」なんかは、納得です。早起きはいきなりは難しい、極端に変えてしまうとその日は起きれても毎日続ける事ができ無い上に、昼間気が抜けて逆効果になってしまいそうです。そのあたりも考慮されていて、方法論としては管理人が前回紹介したものよりも数段良くできていると思います。

早く起きる事自体はできても、上記の方法にも書かれている通りベッドから出れない、二度寝の誘惑に負けてしまうなんて事が多いと思います。最後の最後は具体的な方法と言うよりは自分の意志の高さの問題となってきそうですが、明日から頭に入れて早起きをしてみたいと思います。

via POLAR BEAR BLOG,イメージ写真

関連記事
夏フェスを楽しむための5つの心得
Gmailでできるライフハック、体重管理法
時代遅れのブログにならないための11の気遣い
10分でできるコメントを集めるための5つの方法
あなたの不安を取り除く10の方法
早起きするための5つの方法と早寝早起きのまとめ
眠れない時に試す9つの方法
無料ブログを卒業する6つのタイミング


posted by admin at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。