2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年06月02日

喫煙の恐ろしさを訴える広告「Smoking kills」

日本でも禁煙の風潮が高まってきて、喫煙できる場所も大分少なくなってきています。今回紹介するのはクウェートで展開されている禁煙を促すための広告です。見た目は大きなタバコが横たわっているように見えますが、よく見るとタバコの中に人間が入っています。

禁煙広告

タバコが遺体袋になっていてコピーには「Smoking kills(タバコによる殺害)」と刺激的なコピーが入れられています。

詳しくは以下

参照元のSocial Advertisingには「We all know smoking kills. But we’ll never stop smoking until….(私達はすべてたばこを吸う危険性を知っています。 しかし私達は決してたばこを吸うことを止めない….)」とコメントしています。喫煙者の方も十分危険性は認知はあると思います。しかし緩やかすぎてそれには気づかないし気がつけないそんな気がします。そして止めないのではなくて止められないとも思います。

日本ではますます肩身が狭くなってきている喫煙者、周りにもタバコを吸う方はいますが、最近やはりタバコが吸えない不便さをはっきりと感じているようです。世間的にこれからタバコがどうなっていくのか?少し考えさせられた広告でした。

Agency: Impact & Echo BBDO, Kuwait city, Kuwait
Creative Director: Viraj Ponkshe
Art Director: Akhtar Dalvi
Copywriter: Regan Rodricks

via Social Advertising

関連記事
Twitter×マツダで「ロータリーエンジン40周年記念」のプロモーション
座席と前の人を結びつけた「NH Hotel」の広告
船体からパスタをすするアイデア広告
カメラの中の舞台裏を描いたNikon CoolPix S500の広告
トイザらスが「地球をビーチボール」に見立てた広告を展開
髪の毛で建築を表現した「Architect'07 Fair」


posted by admin at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。