2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年06月17日

日本最初のホームページとは?

最近ではインターネットもすっかり普及し、今や個人でも簡単にホームページを持ったり、制作ができる様になりました。これもすべて先人たちの努力のおかげだと思います。さらにWEBは多様化し個人、法人かかわらず様々な便利なサービスやコンテンツが次々と展開されています。

firstweb.jpg
photo by powerbooktrance-powerbooktrance

今回は初心にかえってWWWサーバーがまだ世界で数える事しか無かった時代の現在のWEBの足がかりとなった、日本で最初のホームページやWWWサーバー等を紹介したいと思います。

詳しくは以下

■日本最初のホームページ
日本最初のホームページは、1992年9月30日に茨城県つくば市にある文部省高エネルギー加速器研究機構 計算科学センターの森田洋平博士によって発信されましたそうです。この頃のソースにはまだやといったタグは使われていなかったそうです。

茨城県インターネットフォーラムで上記の日本最初のホームページがソースとともに当時のまま公開されています。

日本最初のホームページ


■日本最初のWWWサーバー
first-1.jpg
1992年9月30日に、日本で最初にホームページが発信されたサーバーマシン

2000年の3月まで高エネルギー加速器研究機構(KEK)のメールサーバーとして現役だったそうですが、同月にネットワークからはずされ、現役を引退したそうです。現在は日本最初のWWWサーバーとしてつくば市情報ネットワークセンターに保存されています。

日本最初のWWWサーバー

この他にも「日本最初のホームページ」では「世界最初のウェブサーバー」や「界最初のWWW 開発者 W3C ティム・バーナーズリー博士」の紹介等WEBの根底に当たる部分を紹介しています。

日本最初のホームページ

関連記事
生まれてから何日たったかが分かるサイト
ユニクロ、ドライポロシャツをプロモーションするサイト「UNIQLOCK」を開設
ボディを削って当てる!車を丸ごと使ったスクラッチキャンペーン。
コカコーラの自動販売機形ロボット『ベンディングマシン レッド』とは?
再生紙で自然を守れGreenpeaceの環境シリーズ広告
渋谷109に巨大3D缶コーヒーが出現!
省エネルギーを新しい形で表現したGEの広告
posted by admin at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック