2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年06月21日

日本初 東京ミッドタウンが「ユビキタスツアー」

敷地内にオブジェなどのアート作品がたくさん展示されている東京の新しいスポット「東京ミッドタウン」。そのアートを巡る企画が誕生しています。「東京ミッドタウンツアー」と題されたそのツアーは、日本ではじめて”ユビキタス端末”を使用したツアーなのだそうです。

yubikitasu00.gif

まだあまり聞き慣れない「ユビキタス」。一体どんなものなのでしょうか?

詳細は以下

「ユビキタス」とは、「どこにでも存在する」という意味のラテン語を語源とした言葉で、あらゆるモノや場所にコンピュータが埋め込まれ、利用者はその存在を意識することなく、そのとき、その場所の状況に応じて、最適な情報やサービスが提供される環境の事です。

そのユビキタスを利用した、「ユビキタスコミュニケータ」のナビゲーションにより、来場者それぞれが自由にミッドタウン内のアートを楽しむことができます。

ubikitasu.gif
(写真は左から、作品概要・作品詳細・作家紹介・作家インタビュー)

コミュニケータが作品までのルートをナビ(案内)するという子供から大人まで簡単に楽しくツアーを満喫することができるようになっています。上の写真のように、作品の前では概要・作家紹介・製作風景やインタビューなども閲覧できるなど、今までに内システムに人気が高まりそうです。ガイドさんなどにつれられて行くツアーとは違い、自分のペースで楽しむことができ、疲れたらミッドタウンで自由に休憩をとったり。この試みをきっかけに、さまざまな場所でこのシステムが展開される日がくるかもしれません。

料金は、1,000円。(内500円は端末返却時に帰ってくる保証料)ガレリア3階「東京ミッドタウン デザインショップ」内にてレンタル可能です。詳しくはミッドタウン公式サイトを。ネットでの予約も可能です。

東京ミッドタウンアートツアー 
via イメージ写真

関連記事
影絵+アニメーションで表現された「shadow monster」
空の上で繰り広げられる「飛行機雲アート」
Advanced W-ZERO3/[es]のペーパークラフト
距離感を見失う錯視「エイムズの部屋」
計算されつくされたア−ト「Freeze Frame Screen」
クリエイタ−「青木むすびの世界」
瞬間をテーマにした写真コンテスト「Speed Demon Photography」
コーヒーとミルクの出会いの瞬間を捉えた「Milk meets Coffee 」
posted by admin at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック