2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年06月21日

ドバイに構想中の雲と雨を模した建築物「The Cloud」

世界一高いビルだったり、スターウォーズのデス・スター風の建築物だったりと何かと話題に上るドバイの建築物ですが、またとんでもない建築物を建てようとしているようです。

0dayview1.jpg

その建築物とは雲と雨に模したもので、上記の写真のように遠くから見るとまさに雲から雨が降っているように見えます。それは地上300mで湖、通路とテラスを螺旋状の回転がさせる庭、講堂およびスポーツ・プラットフォームを含む20000m2にも及ぶ空中都市だということです。

詳しくは以下

こちらの建築物はAtelier Hapsitusの建築家のナディム・カラム氏による設計で、コンセプトはドバイのインターナショナル・デザイン・フォーラムで示されたものだそうです。

0plan2.jpg

0sectionbarcoded.jpg
↑The cloudのプランスケッチ

雲の部分に上るにはいくつかの傾けられていない柱があってその中を通っていくそうです。それは建築物を支える柱の役割もかねているそうです。現在現在構造設計家集団のArup AGU(アドヴァンスド・ジオメトリー・ユニット)と共同で、こちらの建築物は実現に向けて開発中との事です。

どんな形で実現するかは見当もつきませんが、完成した暁にはまた話題になりそうな建築物だと思います。

via dezeen » Blog Archive » The Cloud by Atelier Hapsitus

関連記事
日本初 東京ミッドタウンが「ユビキタスツアー」
影絵+アニメーションで表現された「shadow monster」
空の上で繰り広げられる「飛行機雲アート」
Advanced W-ZERO3/[es]のペーパークラフト
距離感を見失う錯視「エイムズの部屋」
計算されつくされたア−ト「Freeze Frame Screen」
クリエイタ−「青木むすびの世界」
瞬間をテーマにした写真コンテスト「Speed Demon Photography」
posted by admin at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック