2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年06月22日

人型記号をユーモアにとらえた「日本ピクトさん学会」

町中でよく見かける人型のピクトグラム。普段何気なく目撃しているが、実は結構いろんなパターンのものが存在するのだそう。今回紹介する日本ピクトさん学会 」は、そんな人型のピクトグラム=ピクトさんをユーモアあふれる目線で紹介しています。

pict01.jpg

国内から海外まで、さまざまなピクトさんのパターンが登場、おもわず笑ってしますものばかりです。仕事中の息抜きなんかに是非みてもらいたいです。

詳細は以下

「日本ピクトさん学会」と称された団体(?)では、ありとあらゆるポーズやシチュエーションごとにピクトさんを独自のセンスで分類して紹介しています。そのパターンは、驚くほど豊か。分類しきれないものがほとんどの中、上手に分類できたものが紹介されています。その一部を紹介。


pict02.jpg
(左:かけこみ系/肺と心臓にかかる重い負担。非常口にかけこむピクトさん。)
(右:はさまれ系/はさまれるピクトさんの手。)


pict03.jpg
(左:労働系/労働基準監督署の目の届かないところで、今日も。 荷車を押すピクトさん。)
(右:やる気のないピクトさん/本気で逃げる気なし。)

ピクトだけだと意外と普通・・?かもしれませんが、コメントと一緒にみるととても面白いものに見えてきます。案外奥が深いものかもしれません。これを見ると、町でピクトを見かけた時に自分の中で「何系・・」飛分類してしまうかも知れませんね。お暇な時にどうぞ。

ちなみにAmazonにて、「ピクトさん」という本が発売中です。



日本ピクトさん学会 

関連記事
ドバイに構想中の雲と雨を模した建築物「The Cloud」
日本初 東京ミッドタウンが「ユビキタスツアー」
影絵+アニメーションで表現された「shadow monster」
空の上で繰り広げられる「飛行機雲アート」
Advanced W-ZERO3/[es]のペーパークラフト
距離感を見失う錯視「エイムズの部屋」
計算されつくされたア−ト「Freeze Frame Screen」
クリエイタ−「青木むすびの世界」
posted by admin at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック