2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年07月02日

ブログの古い記事を活かす16の方法

当ブログはこの記事を書いている時点で729個の記事がエントリーされていますが、アクセス解析を見ると、特異な場合をのぞいて古い記事はなかなか上位には上がって来れず、埋もれてしまっている状況にあります。いままでの古い記事を上手く使えない!?とそんな要望に応えてくれるのが今回紹介する「Increase Page Rank By Revitalizing Your Old Posts(ブログの古い記事を活かす方法)」です。

oldblog.jpg
photo by Lone Black Rider-クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.5

こちらの方法論はブログ歴13年のベテランで今現在も複数のブログを書くローレル・ファンフォッセン氏が考案した物です。これであなたのブログの古い記事も活かされるかもしれません。

詳しくは以下

SEO Tips: Increase Page Rank By Revitalizing Your Old Postsよりブログの過去記事を活かす16の方法は以下の通り

1. 古い記事へのリンク:

簡単に古い記事に活力を取り戻したいなら、リンクを貼ろう。検索エンジンと同様に新しい被リンクはトラフィックをもたらす。


2.サイト内のリンクを加える

古い記事に目を通し、最近綴ったその他の関連する記事にリンクを貼れるチャンスを見出そう。


3.キーワードを使って、書き直す
既にご存知だとは思うが、ブログを検索エンジンに見つけてもらうにはキーワードと検索ワードが重要な役割を果たす。古い記事を読み返し、もっと有効なキーワードを使って書き直そう。


4. 書き直し、情報を更新したことをブログの記事で知らせる
人気のある記事や更新する価値のあるタイムリーな情報が掲載されている記事は、更新し、修正して、告知しよう。大きな改善を施したなら、新しいブログの記事で指摘して、質を向上させるために古い記事に取り掛かっていることを伝えよう。これもトラフィックの上昇に役立つ。そして、現在のニュースだけでなく、古い記事にも豊かな情報が掲載されているというアピールにもなる。


5. 新たな見方で書き直す

多くのことを学び、ブログのスキルが改善されると、古い記事を再び読んで、新鮮な見解を基に書き直してみたくなるはずだ。


6. 力を取り戻した記事が新たな人気記事として生まれ変わる可能性もある
しばらくブログを続けていると、退屈な記事を粋な記事に変えるものが何か分かるようになる。記事を編集したり、書き直したり、更新したりすると、検索ワードやキーワードが増えるだけでなく、息を吹き返した記事にスポットライトが当てられ、一番人気のある記事として生まれ変わる可能性があるのだ。


7.リストを加える
段落をたくさん作るのではなく、リストに変えてみよう。だらだらと語るのではなく、プロセスを通じて読者をガイドするのだ。リストやインストラクションは、読み聞かせるタイプのガイドよりも遥かに人気がある。


8. 誤字脱字チェック
誤字脱字はまるで雑草のように目につく。私は誓って投稿する前にしっかり確認しているが、数ヶ月後にひょっこりと間違いが顔を出すことがある。読み直して誤字脱字を修正しよう。


9.リンクを更新する
外部のサイトを紹介するために貼ったリンクは長持ちしない。リンク先は常に変わっているからだ。賢いウェブマスターはリダイレクト処置を講じてくれるが、全員がそうだとは限らない。そのため失効しているか否か、そして行き止まりになっているか否かを確認し、本当に無効なリンクは削除して、移動したリンクを更新しよう。そうすることで古い記事を更新するのだ。


10.トピックを再び取り上げる
古い記事を整理し、新しい記事で同じトピックを取り上げることで、古い記事を紹介することができる。以前伝えなかったことを伝えて、ストーリーのボリュームをアップするチャンスだ。また古い記事に大きな注目を集めるチャンスでもある。


11.古い記事をシリーズ記事にまとめる
しばらくブログを続けていると、同じテーマに帰着することが頻繁にある。関連する記事がある程度集まったなら、編集してシリーズ記事に変えよう。個々に独立させておくのではなく、ちょっとした一連の作品として合体させよう。


12.ベスト10を作成する
自分の記事のベスト10、ベスト25、あるいはベスト50を発表する記事を書こう。自分の好きな記事として、人気のあるテーマとして、あるいは1年を通して、または1ヶ月を通して人気のある記事として公開しよう。こうすることで古い記事に読者を導くリストを作ることができる。


13.関連記事を利用する
Related Posts WordPress Plugin(リレイティッド・ポスツ・ワードプレス・プラグイン)を使って、あるいは自分で関連する記事のリストを記事の下部に加えよう。詳細な情報や参考のために読者を古い記事へと誘うのだ。


14.タイトルを変える
もし記事のコンテンツの質が高いにもかかわらず、思ったとおりの注目を集めていないのなら、タイトルを変えよう。次に新しいタイトルに合うように、記事のURLパーマリンク、つまりスラグを変更するかどうか決断しなければならない。記事のスラグを変更する人はあまりいない。とにかく記事の内容が分かるようなタイトルに変えよう。そうすればトラフィックが徐々に集まりだすかもしれない。


15.テーマに関して、興味と熱意を引き出す方法を探す
情報が若干古いかどうかは関係なく、情報に活力を吹き込み、テーマに対して新たな興味を引き出せる方法を探そう。単に編集プロセスだけで何とかするのではなく、自分が学んだ教訓と共に実際にブログに書いて、新しく編集したバージョンを紹介するのだ。


16. 完全に時代遅れ…

時折古い記事に掲載されている情報が非常に古く、改善の余地がないことがある。単に改善する価値がないのだ。様々な理由をつけて削除することを選ぶ人もいる。しかし維持して、「この情報は有効ではありません」というメモを加え、新しい情報が掲載されている記事に導くという方法もある。こうすることでもっと新しい記事を活性化することができる。
ブログヘラルドより引用


記事は更新するものの中々過去の記事のメンテナンスには気が回らない所が多いです。せっかくの自分が積み上げてきた物なのでなんとかできる所はなんとかしたいです。とにかくリンクを何かしらの方法で貼ってあげるだけでも随分違うと思います。当ブログが今の所実践しているのは1と13ぐらいです。今後上記の方法を参考にして、色々と試してみたいと思います。

via ブログヘラルド

関連記事
人間関係を磨くための4つの方法
あなたのストレスをコントロールする6つの方法
ブログ上での謝罪についてネクタイの結び方のまとめ
あなたプレゼンテーションを改善する10の技術
クリエイティブになる6つの方法+α
効果的にコミニケーションをとるための5つの方法
記憶力を鍛える10の方法

タグ:ブログ blog SEO
posted by admin at 15:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
古い記事を活かす方法とっても参考になりました!!
Posted by woody at 2007年10月26日 12:24
Woodyさん

コメントありがとうございます。記事が溜まってくるとどうしても活用されないものもでてきますよね。参考になって何よりです。
Posted by 管理人 at 2007年10月31日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック