2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年07月10日

ブログ×YouTubeの著作権問題を予防する5つの方法

動画共有サイトが一般にも広く知られるようになってきました。YouTubeを始めと動画共有サイトの特徴として簡単に自分のサイトやブログに動画を表示させるができるようになっています。当ブログでもたまに動画を埋め込んで紹介していたりします。動画を貼付けることで、簡単にリッチコンテンツを提供できる半面、怖いのが著作権の侵害です。

movieshere.jpg
photo by Goins-Goins

この問題は度々話題に上っていますが、ブログヘラルドで「YouTubeの動画を埋め込むことで発生する著作権問題」として動画共有サイトの現状とブログで動画を扱う時の注意点が書かれていましたので、改めて見ていきたいと思います。

詳しくは以下

■著作権侵害による訴訟の可能性
著作権を侵害してしているクリップを埋め込むと権利的にはどうなるのか結論から言うと、

「著作権保護された作品を権利者の了解なしにサイトに組み込めば、責任を問われる可能性があります。」


と言うことになるそうだ、これはサイトやブログが動画によってメリットを受けているために責任を問われる可能性があるとのことです。これは埋め込んだ本人が侵害の認識の有無にかかわらず適応されてしまうそうです。

そしてYouTubeの利用規約には以下のような一文が記載されています。

「ユーチューブは正確性、利便性、安全性、あるいはユーザーが投稿した作品または関連する著作権について如何なる責任を負いません。」


とあり、あくまで使用は自己責任という事になり、万が一権利者が訴訟を起こされた場合は文句は言えないとのことらしい。今までの話はあくまで可能性の話。では現実はどうなのか?


■現実は?
こちらも結論から言えば、個人で運営しているウェブマスター個人を訴えるケースは極めて少ないとのこと、理由としてYouTubeが権利者を守る仕組みとして、DMCAポリシーを持っている事と、訴訟したとして和解金が撮れる可能性は少なく、企業イメージも悪くなる事から権利者側にメリットが少ない事があげられています。

実際訴えられる可能性は非常に低いとは言え何が起こるか分からないのが今の世の中、万が一のための予防策についても触れられていました。簡単に以下に引用記載します。
1.明らかに侵害している作品は埋め込まない

2.公式チャンネルから埋め込む

3.人気のあるアマチュアの動画に徹する

4.コメントを残す。

5.怪しいときは、埋め込まずにリンクを貼る


最終的には自己責任ということでまとまりそうですが、慎重に行くなら上記の方法に乗っ取った運用が好ましいと思います。当ブログでは動画を埋め込む段階で著作権に関しては一度考えるようにしています。特にメディア関係(TV、アニメ、音楽)関係には気をつけて動画を張り込むか判断しています。

著作権の問題はこれから通信や機器が発達するにつれてさらに拡大していくと思もいます。著作権の考え方が変わるのか、このままイタチごっこをしながら進んでいくのか、まだどちらとも言えない感じがします…。

■YouTube著作権関連のリンク
YouTube - Wikipedia
YouTubeは“包丁”か“拳銃”か? 著作権法の専門弁護士に、YouTubeの合法性について聞く:デジタルARENA
デジモノに埋もれる日々: YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力
YouTube問題を簡単に解決する方法 - hikaliの部屋 - 楽天ブログ(Blog)

via ブログヘラルド

関連記事
あなたのデジタルライフを快適にする10の整理術
ブログの記事を投稿するのに最適な時間はいつか?
ブログのやる気を取り戻すための9つの方法
犬から学ぶ楽しい人生を過ごすためのヒント
人間関係を円滑にするための10の方法
つまらないブログから脱却するための102の方法から学ぶ
あなたの脳を活性化させる15の方法
posted by admin at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック