2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年07月16日

企業のsecondlife(セカンドライフ)進出は元が取れているのか?

動き出すsecondlife(セカンドライフ)、企業参入続々と」で様々な企業が参入し始めていて新産業も続々と言う話を伝えましたが、現状段階のセカンドライフに企業が進出する価値があるのかどうかを分析した記事がTechCrunch Japaneseで「Second Lifeを最後に出る会社は電気を消していってください」と言う形で上がっていました。

secondlifecompany.jpg
photo by MPO クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.5

LA Timesによると現在の状況だとメディア上でのブームにもかかわらず、現実の企業は次々に、Second Lifeへの出店後の反応が乏しいことから取りやめているということらしい。これは一体どういう事なのか?

詳しくは以下

この失敗の原因はまだ結論はでていないそうだが、単純に人が少ないと言う事も一つの要因のようです。(LATimesによると、いかなる時点でも4万人以上のユーザーが同時にアクセスしていたことはないとのことです。)また進出した企業がSecond Lifeの市民の支持をえられなかったからだという説から、単にSecond Lifeには人がいないからだという説まで色々あるそうです。

また具体的なコストもあげられていて、CTR率(クリック数÷インプレッション(広告が表示/配信された数))0.8-2%と割と高めらしいが、コスト換算すると実際SIM単位で進出した場合かかるコストが購入代金が$1,675、毎月の維持費が$295かかる。これはSIMのデザイン費や開発費は含まれていない(通常5千から1万ドル)。

開発費を$5,000として現在セカンドライフでもっとも人気のある企業施設が毎週1万の訪問者があると仮定し、上記コストで考えた場合、最初の1年のCPM(視聴者1000人当たりのコスト。)は$21.20 となっています。

CTRは良くてもCPMのコストが恐ろしく高いと言う事になります。まだユーザーベースの仕組みも途上な上人がまだまだ少ない現状を考えると現時点での進出は確実に元が取れていないと言う事になります。

今は企業の広告としての進出とイメージ戦略的な形で進出している感じがして、実際にセカンドライフでサービスを運用している感はすくない感じがします。現状でのセカンドライフ進出が成功か失敗かの結論を出すにはまだまだ早いと思いますが、インターネットがメタバースベースに変わっていくとするならば、将来的には現在のコストや維持費も楽に回収できる物になるのではないでしょうか!?

via TechCrunch Japanese

■特別リンク-セカンドライフを始めよう。
セカンドライフ(Second Life)とは?
secondlife(セカンドライフ英語版)の始め方
Second Life(セカンドライフ)を日本語化
セカンドライフ(Second Life)のアカウントの違い
Secondlife(セカンドライフ)の通貨・お金について
Secondlife(セカンドライフ)の土地について
Secondlife(セカンドライフ)の特定の場所を指定できる「SLUrl」
SecondLife(セカンドライフ)英語版で日本語チャットを可能にする方法
セカンドライフ最初の島「オリエンテーションアイランド」を攻略

関連記事
動き出すsecondlife(セカンドライフ)、企業参入続々と
Second Life(セカンドライフ)日本語版ついに登場!
セカンドライフ版SEO「SLO(セカンドライフ最適化)」始まる。
Second Lifeでクリエイター育成プロジェクト始動
セカンドライフ出現で「リアル+WEB+仮想世界」のマーケティング
Second Lifeにリアルな空を表現する「WindLight Viewer」プレビュー版リリース
posted by admin at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | secondlife
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック