2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年07月20日

安全なパスワードを作るための10のヒント

最近様々なWEBサービスが増えてきて、ユーザー登録する機会が増えてきていると思います。そこで必ず決めなければいけないのがパスワード。当ブログでも以前「パスワードを盗まれないための3つの鉄則+α」と言った形でパスワードについて触れましたが、パスワードに関して海外のブログ「Productivity501」で役に立ちそうな記事を見つけたので紹介したいと思います。

passwordscer.jpg
photo by zebble-クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.5

その記事はパスワードを作る時に役立つのヒントを紹介してくれています。

詳しくは以下

このTipsは安全性の高いパスワードを作るちょっとしたアイデアみたいな形ですので、コレを元に自分に合った方法をに考えてみるのがベストかと思います。それでは簡単に紹介していきたいと思います。


1.異なる文字クラスを使用してください。
a-z 0-9または記号など、異なる文字列を用いてください。例えば「guitar」ではなくて「GuiT&r」等。最も簡単な方法は母音または子音のいずれかを大文字化すると言う事です。



2.フレーズから作ってください。
単純に言葉ではなく、例えば「There’s a hole in the bottom of the sea」なら頭でけ抜き出して「Tahitbots」等としてください。



3.電話番号を足してください。
パスワードの字数が足りない時は電話番号をパスワードの一部として使ってください。



4.キーボードパターンから作ってください。
隣接したキーから作ります。しかし12345等は良くないでしょう。しかし下の方向に向って結合される方法は推測するのが難しくタイプも早い安全なパスワードになるかもしれません。
ex.1qaz2wsx



5.複数の言葉を使ってください。
単語のパスワードは危険です、単語を組み合わせる事で辞書検索等を無効にし推測を困難にさせます。
ex.flyingrock,shinynail, tallwater



6.パスワードを考える時のアイデア
・あなたが常に覚えている写真や絵から選んでください。
例:両親の家の図面、児童書からの具体例、美術館の絵等

・忘れにくい買った物から選んでください。
例:最初の車,最初に使ったコンピューター,婚約指輪等

・カタログを見て、目につく物にかかわる言葉。

・Wikipediaに関するランダムな記事を調べて、自分が見る言葉に関係がある言葉。



7.記号で二つの言葉を切り離してください。
例:kit!2!cat



8.サービスを受けるサイト毎でパスワードを変えてください。
最も安全なパスワード対策です。これをすることで安全性は高まりますが、どこかにパスワードについて書き留めなければいけません。



9.サービスを受けるサイト毎でパスワードを変え、さらにパスワードの生成手段も変えてください。
パスワードをサイト毎に変えるのは「9」と同じですが、生成方法を全く変えてください。



10.パスワードを定期的に変える。
180、90または60日おきにパスワードを変更してください。



意訳してある上にまとめてありますのであくまでご参考までに…。原文にはより詳しく書かれていますので気になる方は原文の「10 Tips for Creating Secure Passwords at Productivity501」をご覧下さい。

関連記事
効率的に勉強するための10の方法
ブログ×YouTubeの著作権問題を予防する5つの方法
あなたのデジタルライフを快適にする10の整理術
ブログの記事を投稿するのに最適な時間はいつか?
ブログのやる気を取り戻すための9つの方法
犬から学ぶ楽しい人生を過ごすためのヒント
人間関係を円滑にするための10の方法
10 Tips for Creating Secure Passwords

posted by admin at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック