2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年07月26日

スプレーを一切使わない、街にも環境に優しいグラフィティアート

グラフィティアートと聞くとスプレーで描かれた物を思い浮かべてしまいますが、今回紹介するグラフィティアーティストは全く逆の発想でグラフィティアートを描いています。描くのではなくて消すことでアートを表現しています。

cleangraphty2.jpg

これは排気ガス等の汚れで真っ黒になった壁の汚れを消す事で表現されたアートです。この制作方法の意図は環境汚染を訴えているかららしく街を汚さず逆に綺麗にしながら自分を主張するという新しい形のグラフィティアートといえます。

詳しくは以下

使用しているのはスプレーではなくて、靴磨きのブラシや石鹸などの掃除道具です。一生懸命消している姿も作品の中には何枚かありました。一部だけとは言え、とりあえず綺麗にしているので、ラクガキ等の行為にはあたらず、法律上は問題ないみたいで国は対処に困っているそうです。

cleangraphty.jpg

推奨される行為ではないかもしれませんが、主張する内容と方法が理にかなっていますね。上記写真の以外にも沢山の作品が公開されています。

Symbollix

via ncc

関連記事
新「海の家」デザインコンペティション
夏と言えばビール!ビールから学ぶ配色
ニフティから夏休みに最適なコンテンツ「カミロボ@nifty」
レトロなレコードカバーデザイン集「LP Cover Lover」
本物の人間を使ったアニメーション「Choreography」
太陽と月を司る男たちの物語「Solar」


posted by admin at 12:07 | Comment(5) | TrackBack(2) | Creative
この記事へのコメント
面白いですね、逆転の発想ですね。

いわゆる街にあるグラフィティっていうのは、スプレーで書いた絵だと認識してたんですが。
消して絵を描くっていうのは、面白いですね。
Posted by エリ at 2007年07月26日 13:28
エリさん>
コメントありがとうございます。そうですね普通はスプレーが真っ先に思い浮かびますよね。本当に逆転の発想と言うか思いつかなかったです。

もしラクガキと見なされて消すとなった場合は壁自体を綺麗にしなくちゃいけない訳で…。そのあたりも重しく、作者の意向と本当によくマッチしているアートだなと思います。
Posted by 管理人 at 2007年07月26日 16:04
やってる意味、なんなの?訳わかんない他にやることないの?かわいそー 
Posted by ぷぅー at 2007年07月27日 21:08
ぷぅーさん>
コメントありがとうございます。やっぱりやり方はどうあれ自分の信じた方法で、自分の考えた事をどうにかして伝えたいからじゃないですかね!?本人じゃないから分からないですが…。
Posted by 管理人 at 2007年07月28日 00:19
グラフィティをやる意味は個人の主張だけではなく、無機質な街を面白く観せたいって意味がありますよね。グラフィティに対しては寛大になるべきだと思います。ただの落書きだったらかっこよく魅せようなんて思わないですよ。アートです。そもそもアート自体に意味はないんですが。日本は現代アートもストリート文化も根付いてないんでただ落書きと言ってのける人が多いんでしょうね
Posted by とおりすがり at 2009年10月11日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

掃除革命的グラフィティ・アート
Excerpt:  DesignWorksさんの「スプレーを一切使わない、街にも環境に優しいグラフ...
Weblog: ish☆サイボーグだから電気羊の夢は見ません
Tracked: 2007-07-27 07:42

2007年7月27日 さくらパパはひどい
Excerpt: ほらー、株買ったら下がるんだよ。日経平均400円以上の下げって。さらに円高でFXの含み益も減ってきたし。長期長期。ネタジャケット←→ショルダーバッグに変形する「Dos Caras ..
Weblog: 神戸の三代目
Tracked: 2007-07-27 20:44


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。