2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月01日

自分で組み立てられる3畳の和室「箱家」

現代の民家は、デザイナーズが流行していることもあり、洋風の家が増えてきています。昔ながらの日本の家屋に見られる”和室”。たまには心落ち着く和の空間で、のんびりすごしてみたいと思いませんか?

hakoie01.jpg

そんな中、「坂本乙造商店」が画期的な”和室”を発表しました。おどろきのその仕様とは・・

詳細は以下

きれいで広くて使いやすい、そんな家や部屋が求められる中、日本人が昔から住んでいる”和室”がある新しい家が少なくなってきました。床は畳が敷き詰められ、障子のトビラで囲まれた木の趣が漂う和室は、年輩の方はもちろん、若い人に取っても、洋式とは違う、風情のある部屋として好む人も多くいるはず。

hakoie02.jpg

今回紹介する和室「箱家」は、自分で簡単に3畳の和室を組み立てて作る事ができるもの。自宅の部屋の片隅に、僅かな時間で和室を出現させることができます。作り方は初心者でも簡単なようで、枠を作り、障子を立て、天井と照明を取り付け、最後に畳をしくといった手順。なんと、釘もネジも使わないというから驚き。それは素材のいい材木を、精度よく加工していることがら実現できたこと。部屋を広く使いたい時に、簡単に解体できるようにと、うれしい配慮がなされています。

hakoie03.jpg

価格は約230万円。8月中旬まで店頭にて販売しているのだそうです。今住んでいる家で、和室の懐かしさに浸りたい・・という方はチェックしてみては?

「坂本乙造商店・箱家」プレスリリース

関連記事
ビーチボールを使ったオフィスの新スポーツ「Faceball」
光の翼を表現したインタラクティブアート「Of the Now」
ポーランドのレトロ映画ポスターが200枚収められた「a Grayspace Poster Gallery」
「高速道路」「ちば」など独特なフォントを再現するプロジェクト「5r4ce2」
アートでリアルな動物のプリントが魅力のアパレルブランド「SALVOR」
4000以上の鞄の中身の写真を集めた2つのFlickr Pool


posted by admin at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

洋室に和室をIN!
Excerpt: たんに畳を敷いて和室気分、というのではなく 障子や床の間や天井までついて本格的(というか本物)の和室組み立てキット。 自分で組み立てられる3畳の和室「箱家」(グラフィックデザインからプロダクトデザイ..
Weblog: アルファフォーラムな日々。
Tracked: 2007-08-03 11:19


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。