2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月10日

ロシアの伝統工芸でコンピュ−ターの単位が勉強できる「Matryoshkus」

みなさんはコンピューターで使われる単位を明確にご存知でしょうか?最近はHDDの大容量化が進みギガバイトは当たり前で、そのテラバイトなんて単位も耳にするようになって単位も増えてきています。今日紹介するのはロシアの伝統工芸マトリョーシカで、コンピューターで使われる単位を体験的に勉強できる「Matryoshkus」を紹介します。

matr1.jpg

こちらの商品は真っ白なマトリョーシカに「テラバイト」「ギガバイト」「メガバイト」…「ビット」と書かれており、大きい単位の中にはそれ以下の単位が収納できるようになっています。

詳しくは以下

ものすごくわかりやすいです。最小の単位である「ビット」は割れなくなっているあたりも良いですね。全部で6つ有り、素材は木製でRussian linden tree から作られているそうです。

matr2.jpg

かなりピンポイントな商品ですが、見た目もシンプルで実用的な気がするし、単位が書いてあると収納に使うにしてもインデックス的な役割をして便利かと思います。ちなみにお値段は33.78USドルとなっています。こちらを販売している「レーベデェフ・スタジオ」ではこの他にも面白い商品が多々出品されています。

Matryoshkus

関連記事
台所をPOPに演出する食器受け「Dish Doctor」
読書好きにオススメな貸出カードステッカー「Library Card Bookplates」
K4-TETRAシャア専用グルーミングキットセット
ECOな瓶型ライト「san jar」
アナログを極めたレコードプレイヤー「PAPER RECORD PLAYER」
コーヒ−の温度を色で教えてくれるフタ
飛行可能な超リアルジェット機ラジコン
posted by admin at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック