2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月12日

ドアの下から血が滴る広告「Blood Under The Door」

夏と言えば、ホラー。夏と言えば怪談ですが、インドで行なわれているホラー映画フェスティバル「Rex Theater」の広告が面白いです。それは真っ赤にしたたる血をイメージさせる広告です。しかしコチラの広告は怖さを全面に押し出したものではなく、仕掛けで印象づける広告になっています。

horror-festival.jpg

ドアの下には真っ赤にしたたる血が見えますが…。

詳しくは以下

実はこの血は透明フィルムにすった偽物の血です。かなりおちゃらけていて、そのフィルムを持った人も一緒にポスターの中に写っています。べたべたにホラーを訴えていない所が良かったのか。参照元のAds of the Worldでは賞賛の声が上がっています。

自分をホラー映画の広告を作れと言われてもおそらくこういったアイデアは思いつかないと思います。黒を使って、怖さを出して、モチーフはベタベタでとありきたりで無難なものを提出してしまいそうです。あえて視点を外してみる言うのは簡単ですが実際作る段階になると中々できないものです。今回は勉強になりました。

制作クレジットは以下の通りです。

Advertising Agency: Rediffusion Dyr, Bangalore, India
Creative Directors: Montoo Bassi, Minakshi Achan
Art Director: Vishal. K. Vinekar
Copywriter: Montoo Bassi, Karthik V
Photographers: Sethu Subramaniyan, Raja Sinha

via Ads of the World

関連記事
地球温暖化の果ての世界を描いた「The World’s Coolest Hotspots Guide」
オンラインから手紙を書こう「まっすぐな気持ち、伝えよう」プロジェクト
ニューヨークに現れたadobeの巨大インタラクティブ広告
TAGHeuerのリンクを忠実に再現したブログパーツとフォーミュラドリームキャンペーン
海面上昇を太陽と影で見せるWWFの広告
世界規模の環境プロジェクト「MSN LIVE EARTH」
リアルタイムで更新されるセールプロモーション「LAFORET GRAND BAZA」
ホラー映画「伝染歌」のトイレを使ったプロモーション
posted by admin at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック