2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月14日

ドローソフトで描かれる超リアルアートの描き方

少し前からネット上でも、ちょっと話題になっていたphotoshopやその他ドローソフトで描かれる超リアルなまるで写真のような絵があります。有名なとこでは「お絵描き共和国: リアル絵専用 - お絵かき掲示板」なんかでこちらではクリエイターの方たちが自身が書いた超リアルアートを披露してくれています。下記の画像もなんと写真ではなくドローソフトで書かれた画像です。

rialguiterlist.jpg

平面のグラフィックしかできない自分にはできない芸当で描き方も詳しく解説はできませんが、このリアルアートを描いている過程が動画でいくつか公開されていますのでまとめて紹介したいと思います。

動画は以下から

■YouTube - GHOST WHISPERER - Speed Painting by Nico Di Mattia

絵が出来上がる過程を早送りで紹介しています。手書きで描かれた線画に命が吹き込まれていくのが分かります。すごいそして綺麗です。



■YouTube - LOST - John Locke - Speed Painting by Nico Di Mattia

こちらも渋いです。シワの表現が秀逸で本当にリアルです。



■YouTube - Thom Yorke, Radiohead - Speed Painting by Nico Di Mattia

髭と髪の毛の質感がリアルすぎる。素晴らしい作品です。



■YouTube - Speed Painting + Animation "This Is Sparta!"

こちらは少し変わっていてリアルアート+アニメーションで動きまで表現されています。すごすぎです。



■YouTube - How to paint the MONA LISA with MS PAINT

Windows標準のペインタのみでモナリザを描いています。今までのもすごいですがペイントでここまでやれるとは驚きです。


といくつか紹介しましたが、どれもものすごい技術とクオリティです。ここまでかけたらきっと楽しいだろうなと絵が書けない管理人には羨ましくもあります。

お絵描き共和国: リアル絵専用 - お絵かき掲示板

関連記事
世界一高価なスイーツ「The Fortress Aquamarine」
夏休みの自由研究にピッタリ!?光るトマトの作り方
TODOをポストイットで表現したインスタレーションアート「TO DO」
Windowsの定番ゲームマインスイーパーを実写化した「Minesweeper The Movie」
見て・参加して・学べる写真イベント「FHOTOFES」開催
光がつき抜けていくようなインスタレーションアート「PUSH/PULL」
ガチャガチャ型フライヤー「A4カプセルマシン」


posted by admin at 11:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
ドローソフトじゃなくてペイントソフトでは?
Posted by 匿名 at 2007年08月23日 23:32
匿名さん>
書く!という感じをうけたのでドローソフトと言う表現にしました。紛らわしいかもしれませんね。以後気をつけます。
Posted by 管理人 at 2007年08月31日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。