2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月18日

乱雑で肥大化したCSSを最適化してくれる「CSSTidy」

CSSは頻繁にとまではいきませんが、手を加える機会が多いため、ついつい乱雑に書いてしまう事もあります。それでもブラウザではちゃんと表示されるので、ほったらかしになってしまったりする事が多いかと思います。こういった事も今回紹介する「CSSTidy」を使えば簡単に解決できます。

csstiddy.jpg

CSSに関しては以前「使わなくなったCSSを見つけてくれるfirefox拡張「Dust-Me Selectors」」や「CSSを整理整頓!使われていないセレクタをチェックできる「CSS Redundancy Checker」」で整理するためのツールをいくつか紹介してきましたが、「CSSTidy」もそんなCSSを最適化してくれるためのツールの一つです。

詳しくは以下

実行すれば、重複するプロパティや値の指定方法などをチェックしてくれてサイズが極力小さくなるように指摘してくれます。CSSのサイズを圧縮する事の利点としては、ロード時間の短縮やトラフィックコストの軽減が見込めます。

実際どのくらい最適化してくれるのかは圧縮前のCSSにもよりますが、公式ページに「CSSTidyの利用例」が公開されていて、圧縮前のCSSと圧縮後のCSSの比較を見る事ができます。

CSSTidyはC++版とPHP版が用意されていますので利用環境に応じてダウンロードしてください。下記のリンクからダウンロードが可能です。

SourceForge.net: CSSTidy

via MOONGIFT

関連記事
ネット滞在時間に応じて自動ブックマークしてくれるGreasemonkeyスクリプト
使わなくなったCSSを見つけてくれるfirefox拡張「Dust-Me Selectors」
ジャンル別Firefox拡張機能のまとめ
ジャンル別Greasemonkeyスクリプトのまとめ
HDの中身をシムシティ風の都市を再現「StepTree」
ロシア製トイカメラ風画像変換ジェネレーター
posted by admin at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | tool
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック