2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月20日

冷房病を防ぐ4つの対策と予防

今年は最高気温がこれまでの記録を破る40.9度になったり熱中症が相次ぐなど、例年よりも暑い夏日が続いています。夏を乗り切るために必要なクーラー、毎日かけっぱなしにして過ごしている方がほとんどだと思います。しかし、同時に心配なのが”冷房病”。いくら暑いからといってクーラーへの対策を誤ると、体に悪い影響をおよぼします。

aircon.jpg

そこで今回は冷房病を防ぐ4つの対策と予防を紹介します。これでしばらく続く暑い夏を乗り切れればと思います。

詳細は以下

”冷房病”とは、冷房によって体の温度が急激に下がり血行不良を引き起こす症状。 主に、肩こりや手足のしびれ、頭痛だけでなく、微熱が続くといった症状があらわれる事があります。
原因としては、冷房に直接当たり過ぎ・冷過ぎ、温度差の激しい場所への出入り、などが上げられます。

冷房に当たり過ぎて体がだるい・・なんて症状は、もしかしたら冷房病の前触れかもしれません。病気にかかる前に、普段から早めの対策を心がけるべきだと思います。

外気との温度差を5度以内に

人間が対応できる温度変化以内に温度差を設定しましょう。冷房の場合、27〜28度の室温にしておくのが最適なのだそうです。

冷気を直接肌にあてない
普段オフィスなどで冷房の効いた場所に長時間いる場合は、カーディガンや大きめのスカーフ、またはひざ掛けなどを準備して、直接の風を防ぎましょう。

寝る前にはシャワーではなく入浴を
シャワーでは、体を温めることはできません。 ぬるめのお湯にゆっくり入り血行をよくするよう心掛けましょう。入浴後は汗をふき、扇風機やクーラーの風を直接受けることはさけること。薬用効果のある入浴剤を用いると、より効果的です。

あたたかい食事を心掛ける
冷えた体を内から温めることも、冷房病予防になります。 ビタミンやミネラルを補給して
栄養のあるあたたかいものを食べるように。夏バテ予防にもなります。

普段から心掛けていればそんなに難しくはないことばかりなので、暑さで体がだるいと感じた人は是非実践してみてください。

via 冷房対策
via イメージ写真


関連記事
モチベーションを最大にして才能を開花させる6つの方法
ブログの疲労度をチェックとブログの疲労を食い止める方法
生涯学習を加速させる15の方法
リスペクトされるブロガーになるための15のプロセス
水がもたらす8つの体への影響
すぐに効く!あなたの人生を改善する10の方法
安全なパスワードを作るための10のヒント
posted by admin at 22:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
私は、電車に長い時間乗るのですが、いつも降りる頃には冷えきってふらつくことも、あります。
もちろん、鉄道会社に、そのことを伝えたのですが、案の定暑いといぅ方もいるのでと言われてしまいました。しかし色んな意味で、あまり、冷房の温度をさげることは、よくないのではと私はおもうのですが、健康面でもそうですし、地球環境の面でも、もっと 皆さんに考えていただきたいと思っております!
Posted by 冷房病者 at 2008年05月21日 21:51
冷房病者さん>
コメントありがとうございました。もうすぐ冷房が街でもはじまりますね。元々暑い時期に人間の力で気温をコントロールするので、自然的な観点から見ればおかしい話ですが、快適さとのせめぎ合いですね。冷え切るほどというのは個人的には反対ですが
Posted by 管理人 at 2008年05月30日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック