2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月25日

ドンキーコングのハイスコアを狙うドキュメンタリー映画

ゲームセンター等で大人気になり、家庭用ゲーム機にも移植され人気を博したアーケードゲーム「ドンキーコング」。そのドンキーコングの世界最高得点を競う2人の男の戦いを描いた映画『The King of Kong: A Fistful of Quarters』が最近制作されアメリカ各地で公開されているそうです。

thekingofkong.jpg

現在ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、オースティンなどの都市圏で公開されているそうで、かなり評判をえているみたいです。

詳しくは以下

ゲーム自体を実写化して映画かなどではなく、ゲーマーにスポットを当てた映画は今まであまり無くそのユニークな表現方法にも話題になっているそうです。

ストーリーは以下のとおり

『ドンキーコング』で87万4300点という驚異的なスコアを叩き出し、長年チャンピオンの座に君臨してきたBilly Mitchell氏と、失業中に自宅のガレージで100万点を突破してしまった学校教師のSteve Wiebe氏。Wiebe氏が、ギネスに認定してもらおうと奮闘する過程でさまざまな障害が立ちはだかり、Mitchell氏との緊迫したライバル関係が描かれることになる。(ジーバラドットコムより引用)


映画ファンからもかなりの指示を受け、評論家もそろって大絶賛しているようで、アメリカのメディアMTV Newsによれば、有名俳優を起用したリメイク企画も進行中との事です。そうなれば日本での配給もあるかもしれないですね。見る人を選ぶ映画かも知れませんが、個人的には有りな作品なので、日本でもし配給されたら観に行きたいと思っています。

The King of Kong: A Fistful of Quarters公式サイト

via ジーパラドットコム

関連記事
タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」のポスターに出演できる!?
どれだけ早く電話に出られるかを競う、ケータイ応答時間選手権「movathlon」
ユナイテッドアローズからボディケアブランド「リクリス ルーチェ」が発売
人類最強の瞬発力を決定する超短距離1m選手権「onefoot」
電子レンジでチンして調理するカップ麺「日清Chin」
ユナイテッドアローズが伝統文化祭の公式グッズをデザイン
posted by admin at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック