2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年09月08日

世界に誇る日本の世界一データベース「日本の世界一」

日本の技術や人は一体世界でどのくらい通用するのか!?様々なジャンルの日本の世界一をデータベース化しているのが今回紹介する「日本の世界一」です。このサイトでは技術世界一、土木・建築世界一、精神・文化世界一、自然世界一、日本が世界に誇る偉人、ノーベル賞に近い日本人、外国に貢献した日本人、世界で活躍する日本人…など日本人自身も知らない日本が誇る世界一が収録されています。

nihonnnosekaiichichi.jpg

現在かなりの数が収録されて更新も頻繁に行なわれているみたいです。今回は収録されている中から気になる世界一をピックアップして紹介していきたいと思います。

詳しくは以下

■世界一よく切れる刃物
世界一切れる刃物は日本の刀だそうです。その理由は、日本古来の製鉄技術から出来る質の高い鋼鉄「和鋼」と、日本刀独自の製作法によるもので、その製法のおかげで日本の刀は世界一の固さと柔らかさを持ち世界一の切れ味を持つ刃物らしいです。


■世界最強の永久磁石
世界で一番強い磁力をもつ永久磁石は日本人が開発したそうで、現在も佐川眞人が開発したネオジム磁石が世界最強だそうです。単位ではいまいちピンときませんが現在の最高記録は、ネオマックスが2005年7月に出した474kJ/m3(59.5MGOe)ということです。


■世界最高の灯台 横浜マリンタワー
世界一の灯台は横浜にある横浜マリンタワー。この灯台は横浜開港100周年記念事業として1961年に建設され、高さは106mで、灯台の地上高が世界一としてギネスブックに記録されているようです。


■世界一薄くて強い紙 土佐典具帖紙
土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)は、薄さ0.03ミリ。「かげろうの羽」とも言われ、手漉き和紙では世界一薄く、強くて丈夫だと言われています。

上記の他にも沢山の日本が誇る世界一や日本のすごい事が紹介されています。かなりの数が収められていて、見ていてとてもおもしろく勉強になるサイトだと思います。

日本の世界一

関連記事
はてなブックマーカーとしての経験値がわかる「HateB Exp」
読めない漢字のよみがなを教えてくれる「Yomigana」
スライドショーのようにテキストが読めるGreasemonkeyスクリプト「YHC」
15,000年後までのマンハッタンとNYを描いた「A 15,000 year tour of Manhattan」
カラーホイールから色の名前とWEBカラー、RGB値がわかる「Name That Color」
日本人に使いやすくを目指した自分専用ポータル「trunc」を試してみた。
posted by admin at 09:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
 日立金属が開発した高性能工具鋼SLD−MAGIC(略称SMAGIC)は韓国製鉄が作ることが出来ない高張力鋼板(通称ハイテン)を曲げたり切り裂いたりするのに抜群の性能を持つという。
 この材料、鉄鋼材料では世界最多の元素数を添加して完成した百年に一度の発明だと噂されている。
Posted by カンチレバー at 2008年07月05日 21:08
カンチレバーさん>
<a href="http://www.hitachi-metals.co.jp/prod/prod19/p19_01.html">日立金属>製品情報>高級工具鋼>高性能冷間ダイス鋼 SLD−MAGIC&#174;</a>ですね。日本の技術力はすごいですね。感心させられます。
Posted by 管理人 at 2008年07月10日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック