2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年09月14日

音楽の知識が無くても直観的に作曲できる「TENORI-ON」

音楽は聴くのも演奏するのも楽しいですが、演奏する方は少なからず練習が必要で気持ちよく演奏できるまでになるには好きでないとなかなか難しい物です。今回紹介するヤマハが開発する未来の楽器「TENORI-ON(テノリオン)」は音楽の知識が無くても、視覚的、直観的に作曲したり演奏する事が可能な楽器になっています。

tenorion.jpg

未来の楽器と言うだけあって今までの楽器には無い形をしていて、演奏方法も変わっていて、表面にひき詰められた16×16の発行するLEDスイッチによって音楽を奏でていきます。言葉だけでは中々伝えきれせんのでYouTubeで公開されている実際の演奏風景をご覧ください。

動画は以下から

YouTube - TENORI-ON Product Demo Performance


LEDスイッチを短く押すと光の波紋とともに音がなります。また長く押した場合は光のドットが残り、繰り返し音と光が演奏されます。演奏していて、さらに見ても楽しめるような仕組みになっています。

開発に関わっているのはジブリ三鷹の森美術館の映像装置を担当したり、「ウゴウゴルーガ」などのTV番組のキャラクターやCGシステムのデザインを手がけるメディアアーティストとして有名な岩井俊雄氏。公式によると、「楽器をならすように、また絵を描くように、光と音を同時に気持ちよく操りたい」と開発コンセプトを語っています。

残念ながらまだコンセプトモデルで開発中で発売は未定との事です。今後の展開、開発に期待したいgadgetです。

TENORI-ON | DESIGN | ヤマハ株式会社

関連記事
レトロな魅力が溢れる「The Cassette Tape MP3 Player」
ワッペンでカスタムデザインができるバッグ
食品の水分も切りくずもキャッチ!「cut&carve」
組立もビジュアルもシンプルなマルチ家具「スクワット」
世界最長のLEDスクリーン「Skyscreen」を使った巨大水槽
自分専用のドリンクがメモリーできるマグカップ
D-BROS 2008年カレンダーが今年も発売
posted by admin at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック