2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年10月04日

「超リアル彫刻」リアリズム彫刻家 Duane Hansonの世界

一見、普通のスナップショットかと思ってしまうほどリアルに作り上げられたのがアメリカのリアリズム彫刻家 Duane Hanson(デュアン・ハンソン)の作品です。下記の写真は彼の作品の中の一つです。

リアルな彫刻
“Traveller” 1988

写真だとどう見ても、本物の人間に見えます。1998年に作られた作品でグラスファイバー等でできているそうです。

詳しくは以下

Duane Hansonは本当に細かい所にこだわって制作をしているみたいで、小さな体毛から静脈、あざやささくれまでも表現するそうです。様々な素材を使っていて、上記の写真はグラスファイバーを使っていますが、ポリビニールやポリエステル樹脂などでも製作しています。

残念ながらDuane Hansonは1996年1月6日に亡くなっていますが、彼の作るシュールな世界観は素晴らしく今も生き続けています。彼のその他の作品は下記のリンクから見る事ができます。どの作品も目を疑うぐらいに精巧でリアルに作られています。

Duane Hanson - Sculptures - The Saatchi Gallery

関連記事
塗装が落ちた質感を再現したステッカー「DominicWilcox」
コカコーラのペットボトルを使った鎧「PET BOTTLE ARMOR」
ドクロが浮き上がるマフラー「Skull Illusion Scarf」
太陽の光でタトゥーを刻む「Sun Tattoo」
まるでCGみたいなワイヤーで作られたトヨタカローラ
1週間のコーディネートをユニークに追う「fashion documentary」


posted by admin at 14:40 | Comment(1) | TrackBack(2) | Creative
この記事へのコメント
はじめまして。
通りがかりですが。この作品があまりに思い出深かったのでコメント失礼します。

この作品、覚えています。
ロンドンの美術館で生で見て、本当に人が寝てるのかと思って度肝を抜いたの覚えています。展示のやりかたもお客さんと場所に境界を引かずに、ゆかにそのままおっさんが寝てるような感じだったので、本当に驚きました!驚きすぎて、その場で一緒に見ていたイギリス人のおっちゃんと、一緒にこりゃ、おどろいた!と感想をいいあったりして。素材も駆使すると、こうなっちゃうですね。
Posted by エマ at 2009年07月31日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

リアルすぎて普通の写真に見える彫刻
Excerpt:   もしかしたら、空港でモデルに似た人を捜して、写真を撮った方が早いかも。 と...
Weblog: Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)
Tracked: 2007-10-10 18:03

コレ、写真ぢゃないっすよ!
Excerpt: ↑クリックで拡大します コレ、写真じゃないんです。 彫刻です。 グラスファイバー等でできてるそうです。 って言われてもなぁ。。。 本物のおっちゃんにしか見えない。。。ス、スゲェ ..
Weblog: 日誌
Tracked: 2007-10-14 17:36


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。