2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年10月06日

320,000枚の切符でできたモナリザ

世界中から愛されている名画モナリザですが、今回紹介するモナリザはちょっと変わっています。一見、古びたコンピューターグラフィックのような荒いピクセル画のように見えますが、実は使用済みの切符で作られたモナリザです。

切符で作ったモナリザ

左側の写真に映ってる人を見ればお分かりになると思いますが、かなりの大きさのようです。

詳しくは以下

このモナリザは大阪・難波の高島屋大阪店で3日発表された物です。この古い切符は海電鉄難波駅で回収された切符を約32万枚使用してつくられていて、上記の写真右側のように、文字が書かれた面と黒い裏面を少しずつずらして張り付けることで陰影をつけてモナリザを表現しています。

作品はこの他にミレーの「落ち穂拾い」やボッティチェリの「ビーナスの誕生」など。4作品の半分は高島屋の300人の従業員が3ヶ月かけて、仕事の合間に作ったそうです。かなりの大きさですし、実際見たら圧巻なリサイクルアートだと思います。

recycled train ticket art masterpieces on roadside scholar
mediajam - 切符で描いたモナリザ公開 大阪・高島屋

関連記事
食べ物の上で繰り広げられるミニチュア達の仕事写真集「Work it」
孤立した建物写真集「Isolated Building Studies」
「超リアル彫刻」リアリズム彫刻家 Duane Hansonの世界
塗装が落ちた質感を再現したステッカー「DominicWilcox」
コカコーラのペットボトルを使った鎧「PET BOTTLE ARMOR」
ドクロが浮き上がるマフラー「Skull Illusion Scarf」
posted by admin at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック