2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年11月12日

集中してブログの記事を書く方法

現在DesignWorksは毎日更新を目標に日々記事を書き続けていますが、何かと誘惑の多いPC、少し気がそれれば、ありとあらゆる娯楽の誘惑がやってきます。普段の仕事もそうですが、集中していないと他事ばかりで、時間を使ったわりに進んでいないなんて事もあります。

集中して記事を書く方法

今回はブログヘラルドに書かれていたデビッド ペラルティー氏の記事「記事の執筆に集中する方法」で書かれている方法論をなぞりながら自分がどんな時に集中できるのか考えてみました。

詳しくは以下

■ブレインストーミングしてから書く
文章を書くよりもアイデアをまとめる時間を取る。書きながら考える派ですが、面白いなと思っても情報が少ない、分野が違うときはかなりの時間がかかります。今までと違う流れ、違う分野について書くときはワンクッションおいた方がスムーズに事が進むような気がします。またなれている分野でも考える時間書く時間を分けた方が一緒にやってしまうよりクオリティが高い場合が多い気がします。



■いつもと違う場所で書く
たまには環境を変えて書いてみるこれは賛成です。新しい刺激を受けながら書くとまたなにかちがったものが見えてきそうな気がします。ノートPCなら迷う事はありませんが、PCの場合は環境が違うと逆にやりづらくて集中できない事もあったりします。



■音楽を聞きながら書く
これは管理人は逆ですね。音楽が流れると考えがまとまらず集中力が途切れてしまいます。静かな方がスッキリとしてかけます。ただ気分が乗らないときは好きな音楽で無理矢理モチベーションを上げるのも一つの手だとは思います。  



■まずざっくりと書いから後で書く
どうしても上手くまとまらない時には有効な方法だと思います。これは記事だけではなく色々な事に言えることかなと思います。後での期間があまりにも開き過ぎると逆効果になってしまう事もありますが、良い記事を書ける場合が多い気がします。


  
■楽しんで書く
「文章を綴るのが楽しくないのなら、なぜ文章を書いているのかをもう一度考えてみるべきだ。」と引用元の記事には書いてあります。「楽しんで書く」一番効果的だと思いますが、一番難しいことかもしれません。毎日「書かなきゃ」じゃなくて「書くぞ」と言う気持ちで執筆に望めれば言う事は無いのですが…。

以上です。

管理人が音楽を流しながら書くのが苦手なように集中法は人それぞれだと思いますのであくまで参考レベルでご覧下さい。また上記は管理人の個人的意見がかなり入っています。いまいちピンとこない方は原文は下記のリンクからご覧下さい。

記事の執筆に集中する方法 at ブログヘラルド

関連記事
一日の時間を増やすためのlifehack集「Sprint Waitless
有名ブロガーになるための方法を図解で解説
オフィスをペーパーレスにするための6つのヒント
覚えておきたい追加、変更されたVistaのショートカットキー
成功するための8つの鍵
DesignWorksを書くために使っている9つのツール達
最強のライフハック「紙とペン」を活かしたテンプレート集2
「Moleskine(モレスキン)」にスマートにペンを携帯させる方法
posted by admin at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | lifehack/Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック