2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年12月05日

フェルトで作られた超リアルヤギ「Felted goat」

今まで超リアルな造形は「都市を精密に写し出すアーティスト「Ben Johnson」」や「「超リアル彫刻」リアリズム彫刻家 Duane Hansonの世界」などいくつか紹介してきましたが、今日紹介するのは、針金とフェルトで作られた超リアルヤギ「Felted goat」です。もとは黒と灰色と白のフェルトですが、これが見事に本物そっくりのヤギになります。

goat00.jpg

作り方は針金を立ててそこに肉付けしていくと言う単純なものですが、色の配分が絶妙で、完成されたヤギはまるで生きているようなリアリティを誇ります。

完成したヤギは以下から



goat01.jpg

真っ白じゃなくて、うっすらと黒が見えるように、作り上げていく事がポイントですかね?微妙の色の濃淡が作り物感を消しているように思えます。

制作の全行程は下記のリンクから見る事が可能です。

felted goat

関連記事
数々の飛び出すアートの作り方を公開する「Simple Pop-Ups You Can Make!」
左右に振れるパノラマ動画「Immersive Media Streaming Immersive Demos」
150,000個のLEDで作り上げるイルミネーションタワー「Dexia Tower」
ロゴの墓場「Graveyard Install」
携帯マッチでつくる手話アート「Sign Language Matchbooks」
飛行機の路線図を可視化してアートにした「Flight Patterns」
posted by admin at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

リアルにもほどがある!? 本物そっくりなヤギさん「Felted goat」
Excerpt: 世の中には器用な「腕」「スキル」を持つ人が山ほどいる。そのような「達人」が作った芸術品を見ると、思わずため息が出てしまうこともよくある話。今回紹介するのは、そのため息を一ダースほど用意しておかねばなら..
Weblog: Garbagenews.com
Tracked: 2007-12-07 05:24