2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年12月09日

卓球ができるドア「Ping Pong Door」

ドアと聞くと部屋の入り口、部屋と部屋をつなぐものといったイメージがありますが、今日紹介するドアのカタチはその機能を果たしながらも、今までとは全く違う概念で作られたドア「Ping Pong Door」です。

ドアを卓球台に

なんとこちらのドアはそれ自体が卓球台の役割を果たすようになっていて、上記のように部屋と部屋の間で卓球が繰り広げられるようになっています。

詳しくは以下

見た目ではドアが縦開きなイメージですが、普通にドアとしての機能が果たせるように、ドアの一部が回転してという形をとっていますので、普段は邪魔にならず普通にドアとして使える感じです。気になる所があるとすれば、ドアの意匠面が卓球台のデザインになってしまうと言う所ですかね!?

これなら狭いオフィスでも卓球が遊戯できるスペースを確保できそうです。十分に固定させれないと危険な感じがしますが、それはそれでおもしろい卓球ができそうです。

とてもおもしろいアイデアで実現している所があるとすれば相当ステキな、家、事務所だなと思います。デザインは「tobias fränzel」というデザイナーさんです。

via ::Yanko Design

関連記事
変幻自在のケーキペーパーブロック「Awesome paper toy」
数学で作り出すアート「Fractal Tree」
真っ白な器がキャンバス!「どんぶりデザイングランプリ」
FLASHで錯視が楽しめる「purves-lab」
コカ・コーラのクリスマスコンテンツ「christmas on the Coke side of life」
地下街も覗けるWEBマップ「ALPSLAB地下街」


posted by admin at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。