2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年12月19日

デザインの大切さがわかるプロジェクト「Derek Stroup」

どんな商品にでもある程度デザインされています。それはロゴだったり、柄だったりと様々ですが、その商品を表すデザインというのは必ずどんなシンプルなものでも行なわれていて、それは商品の特徴だったり、競合と比較する上でとても大切なものです。今回紹介する「Derek Stroup」は様々な商品パッケージやデザインされたものからデザインを消してしまうと言うものです。

デザインを消す

上記のようにある程度のデザインを残して、パッケージのデザインのコアになる部分がスポっと消してしまいます。見慣れていないせいか、なんだか無機質で機械的な感じがします。

詳しくは以下

「Derek Stroup」では様々なもののデザインを消していて、キャンディーやチップスなどのお菓子類から、お金やビルボードなどまで幅広く網羅されています。

designdelete

上記は極端な例ですが、一ドル札からデザインを消したものです。紙だけが残ってしまっています。このプロジェクトで何を感じるかは人それぞれだと思いますが、管理人はデザインってやはり大切なんだなと改めて思いました。

Derek Stroup

関連記事
ビルをまるごとLED照明パネルで包んだ「barcelona’s agbar tower」
世界中のキットカットを集めたFlickrセット「KitKats of the World 」
山と一体になった家の作り方「Miljövänligt hus i Wales」
やりすぎたデザイン、足りないデザイン「Less is More or Less is Bore?」
家電に知らない間に吸い取られている電力を表した「Vampire Energy chart」
指紋で作ったタイポグラフィ「Fingertype」


posted by admin at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。