2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年01月08日

様々な動きを持った物理演算を使ったFLASH「Flash Doodle」

今までFLASHの物理シュミレーションを使ったFLASHを「マウスで描いたカタチが蓄積していくFLASH「Sketch」」や「FLASH AS3の物理演算サンプルを集めた「Flash Physics」」と紹介してきましたが、今回紹介するのは「Sketch」を更にもう一歩進めたようなFLASH「Flash Doodle」です。

dollbeflash.gif

「Sketch」と同様FLASHに書いた線が具現化していきます。FLASHの右上の4つのボタンがあり、そのボタンで線の性質が変わると言う特徴を持っています。

詳しくは以下

赤は、FLASHの世界で静止しているオブジェクトになります。完全に静止していて他の線で書いたオブジェクトの影響を受けません。グレイのボタンは泡になり上に上っていくオブジェクトを生成します。青と緑はお互いが触れると意思を持ったように動き出します。

性質の違う4つのオブジェクトを使って色々な動きを楽しむ事ができます。ちなみにも右上のボタンでオブジェクトを全てクリアにすることができます。詳しく分からない管理人には見れば見るほど不思議なFLASHでした。皆さんも是非試してみてください。

Flash Doodle

関連記事
昭和30年代の森永製品や時代風景を閲覧できる「森永レトロトリップ」
マウスで描いたカタチが蓄積していくFLASH「Sketch」
島の開発を阻止するオンラインゲーム「ISLAND」
360度パノラマで廃墟写真を閲覧できる「360icon」
ポッキーを操作して描く絵を共有できる「ポッキーボード」
ザシンプソンズMOVIEの世界で遊べる特設サイト
posted by admin at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック