2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年01月10日

自身の絵の歴史を公開している「JoelHarrisStudio.com」

絵と一口に言っても様々なジャンルがあり、外から受ける影響見る物によってもタッチや手法は変わってくる物だと思います。今日紹介する「JoelHarrisStudio.com」は5歳から現在まで自身が描いた絵を年代順に公開し、個人の絵の歴史をみることができるようになっています。

chrono_1st82.jpg
1982-5歳のときの絵

5歳からは子どもの絵と言った感じですが、段々絵が完成されていきます。ちなみンいサイドバーでは絵を描いている本人の成長記録が写真で表示されていますので、えと合わせてみて見るのも面白いかと思います。

詳しくは以下chrono_portrait07.jpg
2007 - "The Self Is Within" a Self Portr

上記の写真が2007年に書かれた物です。成長の過程をこういう形で表すのも面白いですね。絵は特に成長とともに対象も手法も変わっていくものなので成長と照らし合わせてみるにはこの上な物かもしれませんね。

自分の昔の絵は残念ながらもう残っていませんが、自分はどんな物に興味を持ってどんな絵を描いていたか、少し見てみたくなりました。

Welcome to JoelHarrisStudio.com

関連記事
1歳〜100歳までの人が年齢順に太鼓を叩くムービー「People in Order」
ありがとうを伝えるためのツールを販売する「Thank You Project」
人のオーラを表したようなインタラクティブアート「light-reactive interactive display」
梱包用テープで描くアート「The picture which drew with Packing Tape」
影で作るアートを展開する「Kumi Yamashita」の世界


posted by admin at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。