2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年01月10日

輪島漆器職人と若手デザイナーが手がけたテーブルウェア

先日当ブログで「ルイヴィトンが雑誌とのコラボで実現した 輪島塗モノグラムケース」を紹介しましたが、今回は輪島漆器職人と若手デザイナーが手がけたテーブルウェアの展示会「ON THE TABLE 食卓の輪島漆器と酒展」が開催されるそうなので、紹介したいと思います。

輪島

日本の伝統文化を現代の新しい感覚を持ったデザイナーたちが手がけ、輪島の特徴を生かしつつ、今までにない作品を生み出しています。日本工芸の美しさにハッとさせられそうなイベントになりそうです。

詳細は以下


ヴィトンのモノグラムケースの時と同様、能登半島地震で被害を受けた輪島の産業復興と活性化を目指し企画されたのだそうです。中目黒のデザインショップ「Kakitsubata(カキツバタ)」がプロデュースしています。

作品は、上の写真のような帽子の形をしたディナープレートや、料理の種類や量によって自由に組み合わせを飼えることができる器、また箸や湯のみなど、デザイン性が高く、そして実用的なアイテムが展示されている様子。実際に作品が商品化されてはいないようなのが残念ですが・・。

今回の企画にとどまらず、今後も輪島漆器とのコラボレーションが実現していくのか、とても楽しみです。

WAJIMA x Kakitsubata

関連記事
自身の絵の歴史を公開している「JoelHarrisStudio.com」
1歳〜100歳までの人が年齢順に太鼓を叩くムービー「People in Order」
ありがとうを伝えるためのツールを販売する「Thank You Project」
人のオーラを表したようなインタラクティブアート「light-reactive interactive display」
梱包用テープで描くアート「The picture which drew with Packing Tape」


posted by admin at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。