2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年02月16日

無印良品のインテリアをリサイクルする「RECYCLE MUJI」

シンプルで飽きのこないデザインでありながら、低価格でスタンダードなブランドとして、私たちの生活の中で活躍しているブランド「無印良品」。管理人もよくお世話になっています。当ブログでもこれまでに「活動ジャンルを広げる「無印良品」の世界」や「空想無印から初の商品化「透明付せん紙」: DesignWorks」など、活躍する日本のブランドの一つとして関連する記事をいくつも紹介してきました。

無印良品

今回紹介するのは、無印良品で展開されているインテリアの一部をリサイクルする企画「RECYCLE MUJI」です。使わなくなった無印のインテリアを買い取り、そして中古販売をしています。

詳細は以下

取り扱っているのは、ソファー・テーブル・チェアーを始めとした、定番として販売されている商品がほとんどのよう。中にはグッドデザイン賞を受賞した壁掛けCDプレーヤーやポリプロピレンケースなども。

この企画は、ロングライフデザインをコンセプトとしているセレクトショップ「D&DEPARTMENT」が実験的に行っているもので、「リサイクル前提のデザイン家具」といった新しい商品開発の可能性を見つ出す事を目的としています。

確かに、これまでブランド家具単独でリサイクル活動を行っているところってなかったと思います。ましてや知名度・利用ユーザ−の多い無印良品なら利用者は案外多いのでは?他にも人気ブランとして確立しているインテリアブランドはたくさんあるので、今回の企画が先駆けになって広まっていけば、消費者側としても嬉しい、またゴミを減らすという環境問題にもつながっていく素晴らしい企画だと思います。

無印良品の中古「RECYCLE MUJI」 | D&DEPARTMENT

関連記事
動物の視界を体験する装置色々「Animal Superpowers」
ベット、家具、クローゼット全てが一箱に「My Room in a Box」
タイポグラフィをさまざまなシチュエーションで実験するブログ「PLAY WITH TYPE」
モレスキンに描かれる手書きアートFlickrセット「moleskines」
風船にカメラを付けて飛ばすプロジェクト「The Balloon Project」
365本で日本を読む半世紀コピー展「コピージアム」が開催
posted by admin at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック