2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年02月18日

種の絶滅を警告する時計「Life Clock」

進化を問いかけるWWF(世界自然保護基金)の広告「Evolution!」」や「南米を消費するWWFの広告「Paper Dispenser」」でもお伝えしたとおり毎回ユニークなアイデアで様々な自然環境への危惧を伝えてくれるWWFの作品ですが、今日紹介するのはWWF Chinaで展開されている、種の絶滅を警告する時計「Life Clock」です。

lifeclocks.jpg

短針と長針ともに重になっており、針が進むたびに動物たちが消えていく盤面になっています。いつものWWFと同じく深く考えさせられる作品になっています。

詳しくは以下

密漁は毎年150憶ドルもの利益を生み出していて、武器の輸出、麻薬の輸出に続いての利益を上げているそうです。そしてその密漁は野生生物の絶滅を飛躍的に早めていて、2050年度には全ての種の3分の1が消滅すると言われています。

作品の説明には「If we could turn back the clock, what would you do for them? (時計を遅らせるためには彼らになにをするべきですか?)」と書かれています。密漁を防ぐためにはどうしたらいいのか?地球温暖化などの環境問題にくらべると、自分たちに何ができるのかなんて考えたこともありませんでした。個人がどうこうというレベルの話ではないかもしれませんが、この時計を見て考えさせられました。

design:related - portfolio - Cai Shi Wei, Eric

関連記事
ウェンディーズの社員が勝手広告をAskビデオで配信
東ハト 携帯でネットワーク対戦ゲーム「暴魔対戦2」
セリフを埋めてドラマを作る「月9ドラマジェネレーター」
dyson japanティザーサイト「dysonの新しいカタチ」
街を地下から覗く地下鉄のCM「Metro de Madrid」
紙の上でワインができる切り絵ストップモーション「Vineyard」
posted by admin at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック