2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年04月18日

どこでも寝られる着るベッド「suits in situ 」

以前「どこでも寝れる!画期的な被る携帯枕「Pillowig」」という記事でどこでも快適に寝ることができるかぶり物の枕「Pillowig」を紹介しましたが、今回紹介する「suits in situ 」は枕だけではなくどこでも快適に眠れる、もしくは休めるようにベットを着てしまおうというものです。

archisuitMetro01.jpg

確かに快適そうですが、その快適性を得るために犠牲にしなければいけないところが多すぎる気がします…。アート性では「Pillowig」に劣るもののその方向性は同じようなベクトルなのかなと思います。

詳しくは以下

archisuitMetro02.jpg

色々なタイプの物があるみたいで、背中に背負っているスポンジの部分もバリエーションがあるみたいなので、日常使うかどうかは別として、色々と一度試してみたいです。

かなりシュールな映像ですが、実際「suits in situ 」を着こんで街を歩いている動画が「/\SARAH ROSS/\」で公開されていました。確かに街中で少し休憩するときは快適なのかもしれませんが、これを来ている日常が休むとき以上に大変じゃないかなと思いました。

/\SARAH ROSS/\

関連記事
レコードジャケットをお弁当で再現する「オバッチのJacket Lunch Box」
臨場感あふれる動画でオーケストラを楽しむ「Zurich Chamber Orchestra Rollercoaster」
ラジコンと瓶でマリオの名曲を演奏「Mario Theme Played with RC Car and Bottles」
コカコーラの容器の進化の歴史「A Evolução das Garrafas de Coca-Cola」
Godfatherの台本からつくられたタイポグラフィ肖像画「The Godfather」
22フィートの発泡スチロール製巨大ロボット「giant styrobot 」


posted by admin at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。