2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年04月19日

1万人で描く100ドル札アート「Ten Thousand Cents」

一見100ドル札のモザイクアートなのですが、これは少し変わった手法で作られた物で、100ドル札を10000個に分割して、その後それを1万人に振り分けて、プロジェクトの全容を知らせることなくパーツを模写して貰って作り上げたという物です。

10000doller.jpg
画像中央のwindowの右側が模写された物です。

このプロジェクトとは2007年11月〜2008年3月までで行われ、Amazon's Mechanical Turk distributed labor toolを使って51ヶ国にまたがって行われたプロジェクトで、模写は1セントで発注して100ドル札を10000セント=100ドルで描くというシャレも効かせています。

詳しくは以下

細切れの100ドル札を作り出すことが目的ではなく、「Ten Thousand Cents」はWEBを使って仕事を分散化させて作業を行う、デジタル労働市場のcrowdsourcing(クラウドソーシング)の調査のために行われたということです。

クラウドソーシングとは最近 IT業界を中心に広がっているキーワードで「 企業が自社の業務や問題解決をインターネットなどを通じて、不特定多数の“群集”(crowd:クラウド)にアウトソーシングすること。」だそうです。詳しく知りたい方は「ネタフル」さんや「FPNさん」などをご参照ください。

このプロジェクトはいいクラウドソーシングでのクリエイティブの具体例、可能性を示した面白いプロジェクトだと思います。クラウド(群衆)に発注ということでどう作業を切り分けていくかが難しいですが、この考え方は考え方次第では今回のような面白いことが生み出せそうな気がします。

Ten Thousand Cents


http://netafull.net/cgi-bin/mt-t-b-3.cgi/14069
http://www.future-planning.net/x/modules/news/tb.php?1624

関連記事
どこでも寝られる着るベッド「suits in situ 」
レコードジャケットをお弁当で再現する「オバッチのJacket Lunch Box」
臨場感あふれる動画でオーケストラを楽しむ「Zurich Chamber Orchestra Rollercoaster」
ラジコンと瓶でマリオの名曲を演奏「Mario Theme Played with RC Car and Bottles」
コカコーラの容器の進化の歴史「A Evolução das Garrafas de Coca-Cola」
Godfatherの台本からつくられたタイポグラフィ肖像画「The Godfather」


posted by admin at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

やっぱりドルに気を遣って良かった
Excerpt: こんにちは。本日も頑張ってブログ更新しますよ!今日の内容は何かと期待してください...
Weblog: ドルのおいしい情報教えます!FX必勝法
Tracked: 2008-04-19 11:45


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。