2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年05月22日

21_21で開催 アートディレクター浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡」開催

毎回開催される企画展が常に人気を集めるアートギャラリー「21_21」。管理人毎回とても楽しみにしています。そして、7月から公開される新しい企画展が発表されました。今回は、アートディレクター浅葉克己さんがディレクションを務める「祈りの痕跡」です。

祈りの痕跡

日本の広告デザインの第一線で活躍し、文字を使ったアートを手がけることでも知られる浅葉克己さんによる「祈りの痕跡」は、会場が文字に包まれる不思議な空間となりそうです。タイポグラフィに興味のある方にはとても刺激になりそうな展示会ではないでしょうか。

詳細は以下

現在サイトに記載されている展示会詳細は以下。

「誰が最初に痕をつけたのか」。それは、アートディレクター、浅葉克己の脳裏につねに存在する問いかけであり、本展の出発点です。
5000年前、粘土板に楔形の“しるし”を刻みつけたのが文字の誕生と言われています。その瞬間から考えや感情、人間の情熱や才能、芸術や科学は永遠の命を約束されました。文字ほど人類に大きな影響を与えた発明はありません。
2008年夏、21_21 DESIGN SIGHTにその痕跡を集め、多彩な参加作家の協力のもとに、会場を文字で埋めつくします。


文字ばかりがずらりと並ぶ展示会もなかなかめずらしいと思いますし、21_21で行われるということもあり、また今回も注目されるのは間違いないでしょう。文字の奥深さを改めて感じさせてくれそうですね。

via 21_21 DESIGN SIGHT、浅葉克己さんが次回展覧会を担当 - 六本木経済新聞
21_21 DESIGN SIGHT

トラックバック
http://roppongi.keizai.biz/headline/1479/trackback.html

関連記事
ピアノの構造的な魅力を写すFlickrプール「The Architecture of the Piano」
500万個のLEOGを使った名シーン再現プロジェクト「5 Million-Piece LEGO Boulder Chases Indy」
「せんとくん」対抗キャラ投票始まる。
シャネル主催のアートプロジェクト「MOBILE ART IN TOKYO」
ブランドロゴイメージを数式で読み解いた「Equações Logomáticas」
Mac上の動作と連動するPV「Use a Mac to video clip」


posted by admin at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。