2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年07月02日

デスクトップのゴミ箱を自社のゴミ箱にするプロモーション手法VIPP 「BIN DIN DESKTOP PAPIRKURV TIL EN VIPP」

Windouws、Mac問わずに不要なファイルを消去するためのインターフェイスとしてゴミ箱が利用されていますが、よく利用する部分だけにそのアイコンの形を覚えているという人も多いはずです。今回紹介するのはそんなゴミ箱のアイコンを自社のゴミ箱にしてもらうことで、PRするVIPP 「BIN DIN DESKTOP PAPIRKURV TIL EN VIPP」。

gomibako.jpg

手法としては至ってシンプルなもので、サイトにアクセスすると製品とともにダウンロードを促すアイコンが表示され、ユーザー自身にゴミ箱をVIPPの物に変えてもらうというものです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年06月23日

年代を問わず楽しめるLego広告「Lego display」

子どものオモチャとしてはもちろん、アート作品としてもさまざまな展開を見せるLegoブロック。子どもの頃からの愛好家という方も多いはず。そこで今回は、大人から子どもまで、誰でも楽しめるように企画されたLegoを使った広告「Lego display」を紹介したいと思います。

lego_01.jpg

独特な個性を持つキャラクターを使用したユニークなデザインですが、広告設置場所の背景に溶け込むように制作された、アイデア性と精巧性を感じる作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年05月28日

石油タンカーの事故の危険性を、体感させるゲリラ広告「Protect Our Pacific Coast from Oil Spills」

重要な資源な一つで、日常の利用するものの多くに利用されている石油。その石油を運ぶためのタンカーは皆さんご存知だと思います。石油を一度に効率よく運ぶため、かなり巨大で、小さなものでも数千トン、大きなものになると、55万トンに達するものなどがあります。石油タンカーはこれまでに事故が起きることもあり、そのたびに、石油を海に流出させてしまう事態となり、それは地球の環境に取って大きな負荷となっています。今日紹介するのはそんな石油タンカーの事故の危険性を、体感させるゲリラ広告「Protect Our Pacific Coast from Oil Spills」です。

tankar.jpg

こちらの広告は、雨の日に行なわれるもので、広告やチラシなどが貼られている壁にタンカーの絵が書かれた紙を貼り付けていき、雨でその表面のインクが流れ落ちる様を石油の流出に重ねさせ、その危険性を示しています。YouTubeに実際その広告が展開されたシーンの動画が公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年05月05日

雨が降ったときにしか見えない広告「RAINCAMPAIGN CONTINENTAL 」

世界には様々な手法の広告がありますが、今日紹介するのは透明の撥水塗料を利用して制作された、広告「RAINCAMPAIGN CONTINENTAL」。撥水塗料によって水をはじくことで、周りの濡れている部分との差で、広告を描くというものです。

dederain.jpg

実際に水がかけられて、広告が現れる動画が公開されていましたので、下記からどうぞ。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年05月03日

果物の力でで作った電気で屋外広告「Tropicana powered by oranges」

アメリカ合衆国フロリダ州にあるTropicana Products社が生産しているジュースで、国内でも販売されていますが、今回紹介するのは果物自体を使った屋外広告「Tropicana powered by oranges」を紹介したいと思います。

6a00d8341c51c053ef0147e39e44aa970b-450wi.jpg

使うと行っても単純にオレンジでビジュアルを作っているのではなく、理科の実験などでも、
おなじみですが、広告に敷き詰められた、約2500個ものオレンジを利用し、発電して、その電気も利用し、広告の電力と照明パネルを灯しています。実際メイキングから、広告を実施するところまでの動画が公開されていましたので、下記から動画ごらんください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年04月16日

車の疾走感をプロジェクションと現物で表現しきったアイデア広告「Hyundai Accent 3D projection mapping」

海外ではPRの手法としても多く取り入れられているプロジェクション。壁面に光と影を巧みに使い、リアリティのある映像を創りだせるのが魅力的ですが、今回紹介する「Hyundai Accent 3D projection mapping」は、実際の車と組み合わせて素晴らしいプロジェクションPRを行っています。

toyota_sya.jpg

最初の数秒も凄いですが、本番は、実際の車が登場してから、壁面に、実際の車が固定されており、プロジェクションの映像が動くことで、走っているように見せかけます。実際の映像がYouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年01月10日

乗り心地と、素晴らしい走行性を表現したレクサスの広告「Introducing The 2011 Lexus IS: "Music Track" 」

国内でも見かける、トヨタのプレミアムブランド、レクサス。そのなかのインテリジェント・スポーツ・セダンの「Intelligent Sport」の頭文字を取って名づけられたLexus ISのCM「Introducing The 2011 Lexus IS: "Music Track" 」が面白い。

lexsusdeata.jpg

このCMはレクサスの走行軌道上にドラムを配置し、レクサスが走行することによって、ペダルが踏まれ、ドラムが演奏されていくというものです。実際の動画がYouTubeに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年01月09日

美術館で展開されたキットカットのアート広告「KitKat: Have a Breakism」

ネスレ(NESTLÉ)が製造するチョコレートのお菓子で、日本でもネスレ日本で販売され、全国で販売されており"Have a break, Have a KitKat." のキャッチコピーは国内でも有名ですが、今回紹介するのは現代美術館で展開されたキットカットのアート広告「KitKat: Have a Breakism」。

kitkat_have_a_breakism_eng.jpg

こちらの広告はオランダの国立美術館の展示期間中に公開されたもので、たくさんの現代アートが公開されているなかに、真っ赤な絵が飾られ、そのとなりには"Have a break, Have a KitKat." のキャッチコピーが作品名として描かれています。実際展示された様子がYouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年01月08日

PCで出来ることを繋ぎあわせてストーリーを描くintel「The Chase Film 」

intelのプロセッサの一つでCore2の後継にあたるIntel Core i5。リリースから大きな注目を集め、様々なPCで利用されているプロセッサの一つですが、今回紹介するのはIntel Core i5の性能をPC上で行われる様々な処理を繋ぎあわせた一つのストーリーでPRするショートムービー「The Chase Film 」です。

intel_movie.jpg

PC上で利用されるソフトウェアから、WEBサービスなどあらゆる表現がシームレスに展開されています。実際の動画がYouTubeで公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2011年01月04日

世界中から集めたLEGOで遊ぶLEGOのショートフィルム「LEGO: The Brick Thief」

日本国内はもちろん、世界でも多くの子どもたちに愛されているLEGO。その魅力はおもちゃとしての領域を飛び出し、クリエイティブワークにも広く利用されています。今日紹介するのはLEGOの魅力を伝えるためのショートフィルム「LEGO: The Brick Thief」。

legoshorfilm.jpg

この動画は昨年Designworksでも「ヒラメキはいつの時代もLEGOから「CL!CK: A LEGO Short Film」」という記事で紹介した、昨年公開されたショートフィルムに次ぐ作品で同じ登場人物がストーリーを展開しています。実際の動画がYouTubeに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。