2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月22日

生まれた瞬間運命は決まっている…「Child Hope」

運命は決まっていない、努力次第でどうにでも未来は切り開いていける。多くのチャンスに囲まれながら過ごせるのは当たり前ではない現実もあります。今日紹介するのはフィリピンの子どもたちの実情を伝えるための広告「Child Hope」です。

hopec.jpg

実際の動画がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月21日

缶飲料そのものを使ってPRする飲料広告「HOW TO HANDLE IRANIAN BEER」

これからどんどんと熱くなってきて、冷たいビールが欠かせないと言う方多いかと思います。今日紹介するのは海外で行われたビールの缶そのものをつかって行われた少し変わったPR「HOW TO HANDLE IRANIAN BEER」を紹介したいと思います。そのほうほうとは、グラフィックでおいしさを訴求するわけでもなく、コピーでビールの素晴らしさを伝えるわけでもなく、ビールの缶をそのままつり革広告にしたという一風変わったPRです。

beer_01.jpg

上記のようにまるでジョッキのような透明のプラスチックにビールの缶が包まれています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月19日

腕時計をARで試着できる「Tissot Reality」

様々なプロモーションで利用されているAR(拡張現実)。表現などもどんどんと豊富になり、様々な可能性が期待されていますが、今日紹介するのはスイスにある腕時計メーカー「Tisoot」が展開しているARで腕時計を試着できる「Tissot Reality」。

arwatch.jpg

マーカーが盤面に鳴っている紙の時計を腕につけてWEBカムに写すことで、本当に時計をしているところが確認できると言うものです。実際の映像がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から


続きを読む
posted by admin at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月15日

マウスと連動して動く、トヨタ iQプロジェクト「Toyota iQ 'Nimble as a mouse' campaign 」

トヨタのマイクロカーとして販売されているiQ。今回紹介するのはそんなiQを使って行われた大規模なプロジェクト「 Toyota iQ 'Nimble as a mouse' campaign 」。

iqtoyota.jpg

実際のマウスの起動とiQの動きを動機するというものです。会場には巨大なディスプレイが設置され、その横にはトヨタのロゴが入ったマグカップがおかれており、会場全体を使って小さなディスクトップが再現されています。実際そのプロジェクトが実施されている様子をまとめた動画がYoutubeに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月10日

アナログで見せるストーリー「UP THERE」

最近温度も上がってきて、ビールがおいしい季節になってきましたが、今回紹介するのは現在では珍しい、手書きによる広告「UP THERE」を紹介したいと思います。

upthere1.jpg

デジタルデータを出力するのは簡単で、何枚もの絵を簡単に複製できますが、こんかいはあえてデジタルには頼らず、すべてアナログで仕上げています。数カット使ったストーリー性のある広告で、ビールのグラスを選んで、そのグラスにビールが注ぎ込まれるまでを描いた広告です。職人視点でのメイキングがショートフィルムとなって公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月08日

枠組みから飛び出した女性にたいしての暴力に現場を広告を使って表現した「 Domestic violence made visible on the streets」

自由に楽しそうに振舞う女性の屋外広告。少し普通の広告とは違うのはすべて女性が、枠組みからはみ出しています。今日紹介するのはこの屋外広告自体ではなくて、この広告を使って、男性たちのドメステックバイオレンスを可視化した広告展開「 Domestic violence made visible on the streets」を紹介したいと思います。

womandomev.jpg

広告が設置された箇所に、ビデオカメラを設置し、人が通りすぎる様子を撮影しています。どのような結果になったのか?実際の映像が公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月07日

マグカップに持ち替えよう!スターバックス紙コップ削減のPR「 One person can save trees, together we can save forests. 」

日本でもおなじみのスターバックス。紙コップ以外でも、自分のタンブラーやマグカップを持っていくと、日本では ドリンクをご購入の際、資源の節約に協力したとし、割引が適用されますが、紙コップを削減するために、タンブラーやマグカップの利用促進のために行われたのが、今回紹介する「One person can save trees, together we can save forests.」

coffeart.jpg

こちらはニューヨークで行われたもので、スターバックスにマグカップやタンブラーを持っていくと無料でコーヒーを配り、そのコーヒーをミルクで色を付け、並べることで資源節約を象徴する大きな木を創りだすというプロジェクトです。実際行われた際の映像がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月04日

インタラクティブに反応するプロジェクション「Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping」

建築物にプロジェクターに光を映し出し、その陰影で建物自体が変化しているように見せるプロジェクション。様々なアートプロジェクトに利用されていますが、今日紹介する「Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping」はプロジェクションを使ったNokiaのサービス OviMapの促進プロモーションとして行われたものです。

projectionm.jpg

「Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping」はただ建物に映像を写して変化を楽しむだけではなくて、インタラクティブ性を持たせており、建物の前の人の動きを読み取り、反応するようになっています。実際の動画がvimeoにて公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年05月01日

人生をワンカットに収めたライフムービー「John Lewis – our lifelong commitment to you」

人生には色々なイベントがあり、いくつかのキーになるシーンがありそれらをすべての人が通るとは限りませんが、そんな成長過程、をワンカットにまとめた人生を集約したムービーを使った広告「John Lewis – our lifelong commitment to you」を紹介したいと思います。

lifelife.jpg

通常長い時間のものを映像に表すと、いくつかのカットを重ねたりして時間の経過を飛び石てきに見せていくのが定石だと思いますが、今回の映像は、見事な編集で一人の女性の人生が、ひとつなぎに表現されています。
実際の映像がYouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
2010年04月30日

映像をリアルタイムに合成することで、臨場感のある訴求をする映像広告「Billboard Sucks You Into the Scene of a Violent Crime - Augmented reality billboard 」

国内でも海外でも、映像による広告媒体はさほど珍しいものではなく、街頭では多くの映像による広告がながれていますが、今回紹介する「Billboard Sucks You Into the Scene of a Violent Crime - Augmented reality billboard 」は今までの広告とは少し違った手法をとった広告です。

aradvision.jpg

こちらは、救急隊員をはじめとした公共の仕事をする人たちへの暴力の現実を訴えるメッセージ広告になっています。ただ単に現場を流してつたえるということではなくて、今写っている映像に対して、リアルタイムに実際の事件のシーンを合成し、その事件を伝えています。実際のその動画が流れている街頭を映した動画が公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。