2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年12月10日

インタラクティブなPVを体感できる SOUR「映し鏡」

以前Designworksでも紹介しました、ロックバンド・SOURの、「WEBカメラの映像を巧みに使ったPV「日々の音色 (Hibi no neiro)」」、今までにない形のPVとして話題を呼びましたが、今回は新しく公開された「映し鏡」のPVを紹介したいと思います。

utushi.jpg

TwitterやFacebookとの連携により展開されるインタラクティブなPVで、誰もが引き込まれてしまうであろう、すばらしい映像となっています。

詳しくは以下


続きを読む
posted by admin at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年12月07日

プレゼントにコンテンツを!QRコードラッピング「QRapping Paper™」

もうすぐクリスマスということで、プレゼントを考えているという方も多いかと思いますが、今日紹介するのはプレゼントを引き立ててくれるラッピングペーパーにスポットを当てたアイデア商品「QRapping Paper™」です。

2_thumb.jpg

こちらはラッピングペーパー上にQRコードがプリントされていて、それの一つ一つが様々なモバイル端末で表示できる動画が埋めこまれていて、一枚のラッピングペーパーでおよそ50のムービーが見ることができるみたいです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年12月02日

芝生に包まれるインタラクティブアート「Wearable Nature」

現代アートが注目されるようになり、島全体がアートに包まれた空間など各所でアート作品が展示され、体や感覚でアートを体感できる空間が増えています。そんな中今回紹介するのは、まさに自分の体で直接体感できるアート「Wearable Nature」です。

natura_01.jpg

顔に装着されているのはなんと本物の芝生。ヘッドフォンからは自分の呼吸音が聞こえ、まるで自然そのものに包まれているかのような空間を造り上げることができる、体感アートとなっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月28日

ARで3D空間に絵が描ける「3D drawing in Augmented Reality. Scrawl 3D」

AR(拡張現実)は国内でも徐々に認知が上がってきていて、プロモーションやゲームなど様々な分野で利用されていますが、今日紹介するのはARで3D空間に絵が描けるアプリケーション「3D drawing in Augmented Reality. Scrawl 3D」。実際に動作している動画がvimeoに公開されていましたので、下記からご覧ください。

Scrawl™ | Features Demo from String on Vimeo.



マーカーを基点として、空間に絵を描いていきます。マーカーを動かすことで、空間の角度を変えることが可能です。ARによる3Dオブジェクトの呼び出しとも連携ができるみたいで、その事例も同じくvimeoに公開されていましたので下記からご覧ください。

詳しくは以下続きを読む
posted by admin at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月27日

チョークで描く立体アート「3D Chalk Drawings」

目の錯覚を利用して、平面を立体的に見せるアートワークは多数ありますが、今回紹介するのはチョークを利用して、立体的に表現するアート「3D Chalk Drawings」を紹介したいと思います。

china-chalk-god-3d-chalk-art-560x373.jpg

平面とは思えない、まるでその場に存在するかのようなアートワークをチョークを使って表現しています。いくつかの作品が公開されていましたので下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ビニール袋108枚で作る、音と世界。「One Hundred and Eight」

様々な物をつかってアートが展開されていますが、今回紹介するのは良く、日常でも目にし、利用するビニール袋を利用したインスタレーションアート「One Hundred and Eight」。こちらは、ビニール袋を全部で108枚使いそれをコントロールすることで、世界を作るというものです。

nilsvoelker_1.jpg

こちらは、人の動きに反応して、動く様に設計されていて、人が近づくと絞み、人が離れると膨らみその差によってまるで波のような音を奏でます。実際の動画がvimeoに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月26日

webの何に感謝しているかをわかりやすく示した統計「What Is the Web Thankful For?」

普段何気なく利用しているwebサイトですが、webサイトを利用することでどんな良いことがありましたか?今回は、webの何に感謝しているかの統計をインフォグラフィックで分かりやすく、見やすく表した統計「What Is the Web Thankful For? 」を紹介したいと思います。

thankful_01.jpg

統計結果も注目ですが、ポップなデザインのインフォグラフィックで分かりやすく示されており、結果の表し方も参考になる統計となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月21日

キネクトを使った新しいインタラクティブパペット「Interactive Puppet Prototype w Kinect [openFrameworks]」

コントローラーフリーで直感的に操作ができる、新しいタイプのゲームシステム「Kinect」。XBOXで搭載され。海外ではすでに販売されていて、国内でも先日リリースされていますが、今日紹介するのはキネクトを使った新しいインタラクティブパペット「Interactive Puppet Prototype w Kinect [openFrameworks]」。

puppets00.jpg

こちらはキネクトのシステムを利用して、指や手首の動きに合わせてキャラクターが動くという物、キャラクターをプロジェクターで投影しまるでパペットのように動かすことが可能です。実際動作している動画がvimeoに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ペーパーデザインつけまつ毛「Paper Eyelashes」

つけまつ毛は国内でも多くの女性が愛用していて、もはや欠かせないという人も覆うのではないでしょうか?今日紹介するのは紙を素材にして、細かな装飾を加えたつけまつ毛「Paper Eyelashes」を紹介したいと思います。

dzn_Eyelashes-by-Paperself-10.jpg

繊細な模様を作るというもの。上記のようにさらに華やかな印象を与えてくれます。いくつか作品が公開されていましたので、下記からどうぞ。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月20日

紙で創り上げる立体的な俯瞰都市「Katsumi Hayakawa's Paper Art」

紙を素材として創られるアートは多々ありますが、今日紹介するのは、紙を立体的に構築し、様々な要素を持った紙を並べていくことで、都市の構造物を表現したアート作品「Katsumi Hayakawa's Paper Art」を紹介したいと思います。

hakomono2front.jpg
Hakomono2 Paper on Paper 46 x 61 cm (flamed 54 x 69cm) 2010

上記のように、まるで一つの都市を閉じ込めたようなそんな作品。いくつかの作品が公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative