2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年11月20日

砂時計のビジュアルを使った信号機「Sand Glass LED Traffic Lights」

横断歩道や道路に設置されている信号機、日本では人の形が描かれたものや3つの丸が並んだタイプが一般的で、世界で見ると実にさまざまなデザインが存在しています。そんな中今回は、砂時計をビジュアルとして使用した信号機「Sand Glass LED Traffic Lights」を紹介いたします。

sunadokei01.jpg

案内盤の部分が砂時計になっていて、時間の経過と共に砂時計の動きと表示の切り替わりを楽しむことができる信号機となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月16日

サンダルで作られた猿のオブジェ「Fat Monkey」

巨大な何かというのは、異質な存在でそれだけで注目をあつめるものですが、今日紹介するのはサンダルとワイヤーで作られたオブジェ「Fat Monkey」です。

FatMonkeyinSaoPaulo_5_funnypagenet_com.jpg

ブラジルのサンパウロで開催されているPIXEL SHOW 2010に展示されている作品で、その大きさは5 x 4 x 15 mとかなり大きなものになっています。利用されているサンダルの数は10,000個にも及ぶそうです、様々な角度からの「Fat Monkey」が公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月13日

iPhoneで3D映像を簡単楽しめる「i3DG Palm Top Theater 」

テレビや映画など多くの映像が3D対応になりはじめてきていますが、今回紹介するのはiphoneで簡単に3D映像が裸眼で楽しめる、「i3DG Palm Top Theater です。こちらはiphoneに取り付けるだけで、3D映像が視聴できるようになるというものです。

image002.jpg
i3DG

既存の3Dの仕組みとはまた違っていて、特定のフォーマットで製作された映像が、i3DGに仕組まれたハーフミラーによって重なりを表現し、空間的なレイヤー構造を可能にしているとのことです。実際の3D映像を映し出している様子がYouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

瓶のフタで作るジュエリー「Bottle Cap Jewelry」

国内でもたまに見かける瓶の飲料。一部の愛好家などはでは瓶のフタがコレクションとなっていたりもしますが、今日紹介するのはそんな瓶のフタを使ってくつられる「Bottle Cap Jewelry」。

bcj04.jpg

上記のようにフタに描かれている、絵柄や絵を活かしながら、それらを繋ぎあわすことで、個性的なジュエリーを作るというもの。潰し方やつなぎ方によって様々なジュエリーを展開しています。その中からいくつか紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月11日

鉛筆で描き出す3D「Incredible 3D Pencil Drawings」

人間の目は思っているよりもいい加減で、様々な錯覚をし、簡単にダマされてしまいます。今日紹介するのは光と影を巧みに使い、平面で描かれた絵を立体的に見せる作品「Incredible 3D Pencil Drawings」です。

design-fetish-3d-pencil-drawings-by-fredo-2.jpg

一枚の平面の絵ですが、上記のようにまるで浮き上がってきたかのような表現で描かれています。いくつか作品が公開されていましたので、下記ご紹介致します。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

食パンを使ったストップモーションで作られたアニメーション「‘Last Leaf’ by OK Go, Video by Geoff McFetridge 」

静止画を繋ぎあわせてつくるストップモーションはクリエイティブなプロジェクトではよく使われる技法で度々見かけますが、今日紹介するのは食パンをベースにストップモーションで表現したアニメーション作品「‘Last Leaf’ by OK Go, Video by Geoff McFetridge 」です。

ok-go-geoff-mcfetridge-2.jpg

食パンに焦げ目をつけて絵を描き、それをヒトコマとしてアニメーションを展開しています。考えただけでも膨大な食パンと時間を費やした作品。実際の作品が公開されていましたので、下記に動画を貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

伝統的なクラフト動物シリーズ「Lawrie McIntosh Canadian Animal Series 」

1967年に開催されたカナダのデザインコンペで受賞し、1970年代にカナダで販売されていた「Canadian Animal Series」が40年の時を超えて第3段がリリースされたとのことです。

animals.jpg

種類は全部で5体上記のように、ブラックベアー、ホッキョクグマ、セイウチ、バッファロー、ムースなど様々な動物たちがリリースされています。作品のプロモーションビデオがYouTubeに公開されていましたので下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

インターネットを一枚のグラフィックに表すと?「Can you draw the internet?」

社会の一つの基盤として、生活には欠かせなくなったインターネット。インターネットを通じて様々な情報を得たり、発信したりできますが、今回紹介するのはそんなインターネットを一枚のグラフィックに表すとどうなるかという試み。多種多様なサービスや情報が展開されているだけに、一枚でとなるとなかなか難しいものがあります。

internethires143_0.jpg

上記は一枚のディスプレイに様々な情報がアイコンとして描かれています。上記のように具体的なものに近いものから、概念的なものまで、インターネットを表したグラフィックが幾つか紹介されていました。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年11月09日

用紙の空白を切り抜くことで見えてくるもの「paper cutouts」

さまざまなノートやメモなど、記録するために必要なペーパーアイテムは数えきれないほど多くの種類が存在していますが、今回はそのもっとも重要な部分を全て切り落とした、jill sylvia氏の作品「paper cutouts」を紹介したいと思います。

paper02.jpg

ノートには記録や書き込みのためにあらゆる線が引かれており、さまざまな内容を書き込むということがノートの本来の役割ですが、その最も重要な空白を全て切り抜いてしまった斬新な作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

マッチを立てて創るアート「Art Created Using Matches」

世界では様々な素材が使われてアートが展開されていますが、今回紹介するのはおなじみのマッチ棒を使って創るアート「Art Created Using Matches」。マッチの頭を一つのドットと見立て、様々なものを表現しています。

love-front-sm1.jpg
Matches: Passion(50.8 x 35.6 x 10 cm)

上記の作品でおよそ2500本のマッチが使われていて、制作までにおよそ24時間かかったとのことです。他にも様々な作品が公開されていましたので下記からどうぞ。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative