2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年07月16日

壮大で静かな東京をタイムラプスで「Time Lapse Landscapes of Tokyo」

世界でも屈指の大都市、東京。様々な角度で切り取られていますが、今日紹介するのはタイムラプスで切り取られた、普段とはまた違った角度の東京を垣間見ることができる作品「Time Lapse Landscapes of Tokyo」です。

flotingpoint.jpg

実際の映像がvimeoに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年07月15日

レトロゲームと現実世界を融合させた世界を描く「Video Games Meet Skate/Snowboarding Video」

最近Designworksでも多く取り上げている8ビットの世界観を活かしたクリエイティブプロジェクトですが、今回紹介するのはスケートボードとスノーボードをテーマにした8ビットムービークリップ「Video Games Meet Skate/Snowboarding Video」です。


gnarcade.jpg

現実世界の何気ないシーンが8ビットの世界とリンクし、ゲームのような現実世界を構築しています。実際の映像がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

真っ白な紙のみで作り上げられる超立体紙彫刻「Paper Scultpure」

素材として非常に扱いやすく、私たちにとっても身近な素材の紙。紙を使ったアートプロジェクトは様々なものがリリースされていますが、今日紹介するのは真っ白な紙のみで作り上げられる超立体紙彫刻「Paper Scultpure」です。

paper3-550x539.jpg

基本的には白い紙をカットし重ねあわせることで、見事な作品を創り上げています。その詳細なできは、ペーパークラフトの域を超えて、彫刻という名にふさわしいものとなっています。いくつかの作品が公開されていましたので下記に紹介致します。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

現実世界をジクソーパズルにするアートプロジェクト「The Missing Piece」

日本でも娯楽の一つとして広く普及しているジクソーパズル。大掛かりなものから、簡単なものまで様々なものがありますが、今回紹介するのは、ジクソーパズルのピースを利用して、現実世界の風景をジクソーパズルのように見せるアートプロジェクト「The Missing Piece」です。

rocks_0.jpg

上記のように広大な景色のなかに、真っ白なピースを一つ置くことで、まるで、その世界がジクソーパズルで構築されているような世界観を作っています。いくつかロケーションで制作されていましたので、紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年07月14日

検索や拡大も可能な8ビットの地図システム「8-Bit NYC」

8ビット表現のアートプロジェクトはDesignworksでも「現実世界にピクセルで創られた巨大彫刻「Pixel Orca Scultpure」 」や「8ビットで作られる自画像「8-bit gary costume is pixexellent」 」などと幾つか取り上げてきましたが、精密な描写とは全く違う魅力があります。今日紹介するのは、現実の地図を8ビットの地図システム「8-Bit NYC」です。

8bitcity01-640x362.jpg

こちらはOpenStreetMapという誰でも、どこからでもこの共同作業の結果である地図データを編集、閲覧することを可能する。世界地図を利用しているとのことで、単なる絵ではなくて、現状のマップシステムと同じく、検索したり、詳細情報までみることができます。いくつかの都市が8ビット化されていましたので下記に紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

iphone×ミニチュアで作るジオラマ作品「iPhone Dioramas」

ミニチュア作品は世界を凝縮したような、普通の写真作品にはない面白い魅力がありますが、今回紹介するのは単なるミニチュアの写真作品ではなくて、舞台にiphoneを使った新しい切り口のミニチュア作品です。

design-fetish-jd-hancock-iphone-dioramas-1.jpg

iphoneを中心に起き、画像を全画面に表示し、その画像にあったシーンをミニチュアを使って作っていくという手法をとっています。上記の作品以外にもいくつかの作品が公開されていましたので、下記にまとめて紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年07月12日

現実世界にピクセルで創られた巨大彫刻「Pixel Orca Scultpure」

先日Designworksの「8ビットで作られる自画像「8-bit gary costume is pixexellent」 」という記事で、ドットの集合体を利用してピクセルアートの着ぐるみを作るアートプロジェクトを紹介しましたが、今回紹介するのは同じような手法ですが、大規模なピクセルで創られた巨大彫刻「Pixel Orca Scultpure」です。

vcc-orca.jpg

上記のように、かなり巨大なシャチが、ピクセルアートのような形で制作されています。近くでみると、ドット絵のようにモザイク上に見えます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年07月10日

街を舞台にした、大規模なグラフィティストップモーション「BIG BANG BIG BOOM」

ストップモーションで作るショートフィルムは様々な手法で制作されて、多々作品が公開されていますが、今日紹介するのは街をキャンパスに大規模なグラフィティストップモーションを繰り広げる映像作品「BIG BANG BIG BOOM」を紹介したいと思います。

designstreet.jpg

この作品はグラフィティをノートなどではなく、街の一角をキャンパスにして書いていくことでアニメーションを展開するというものです。実際の映像がvimeoに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

刺繍でニュースを綴る「Sewing the Times」

古くから伝わる技法、刺繍。その歴史は古く、様々な形式の作品が世界中に存在していますが、今日紹介するのは全く新しい切り口の刺繍を使ったアート作品、刺繍でニュースを綴る「Sewing the Times」。

NYT1.jpg
Hand-embroidery on cotton muslin upholstered around the May 20, 2008 edition of The New York Times

上記の写真のように、新聞に一枚の布をかぶせ、その上に刺繍で、絵を描いていくという手法で様々なシーンを再現しています。いくつか作品が公開されていましたの下記に紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

バレエのしなやかな動きを読み取って創られたフォント「BalletFont」

デザインの中でも大きな要素の一つフォント。様々なフォントが生み出されており、一定のテーマを持たせたり、PC上のみで制作しないフォントプロジェクトも盛んに行われていますが、今日紹介するのはバレエのしなやかな動きを読み取って創られたフォント「BalletFont」です。

balletfont00x-640x397.jpg

トゥシューズなどにセンサーつけ撮影し、その動きを読み取って、フォントを制作しているみたいです。実際のフォントの制作風景がYouTubuに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative