2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年07月06日

ダンボールで作るミニチュア都市「An Eccentric World Built Of Card Board」

非常に安価で扱いやすい素材ダンボール。様々なアートプロジェクトで素材として利用されています。今回紹介するのはそんなダンボールを使って作られた、アニメの世界に出てきそうなミニチュア都市「An Eccentric World Built Of Card Board」です。

01.jpg

上記写真のように都市全体というわけではなく、団地のような、集合住宅が再現されていて、一部分から継ぎ足されて大きくなったそんな作りの建築となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | Creative

8ビットで作られる自画像「8-bit gary costume is pixexellent」

CGも昔に比べるとかなり表現力もあがり、リアルな質感を持たせたフルCGの作品も珍しくありませんが、いつまでも不思議な魅力で、人々を魅了するのがドットで描かれたアート。様々なプロジェクトで表現の一つとして利用されていますが、今日紹介する「8-bit gary costume is pixexellent」もそんなドットの集合体を利用して作られるアートプロジェクトです。

070410_8_bit_gary_costume_1.jpg

こちらの作品では、実際の人間をモデルにした等身大のドット絵がリアルに再現されています。格好まで似せたドット絵は、まるでゲームの世界のキャラクターがそのまま抜けだしてきたかのような感覚を受けます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年07月05日

アウディは全てを兼ね備える、スマートな比較CM「Audi Ciavena 」

ユニークなCMで楽しませてくれるアウディ。今まで様々なアイデアでPRを繰り広げていますが、今日紹介するのは非常にスマートな他社との比較CM「Audi Ciavena」です。

audicm.jpg

こちらは、アルファロメオ、ベンツなどと言った競合他社のイメージを、各社の車のキーとコピーで見せていきます。具体的に機能の描写などはないのですが、アウディは他社の魅力を全て兼ね備えているという事を視覚的に分からせてくれます。YouTubeに実際にCMが公開されていましたので下記からどうぞ。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

鉛筆の芯をベースにした彫刻アート「Pencil Tip Sculptures by Dalton.」

誰しもが利用する鉛筆。文房具の中でも見慣れたものだと思いますが、今日紹介するのは、鉛筆を文具ではなく、鉛筆の芯の部分に精巧な加工をした彫刻アート「Pencil Tip Sculptures by Dalton.」を紹介したいと思います。

daruton.jpg

利用されているのは使い古された鉛筆で、その鉛筆の芯の先に、ものすごく細かな加工を施すというもの、アルファベット、動物、ハンマーなど様々な作品が展開されています。今日はその中からいくつか気になったものを紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年07月04日

見ながら作る美しいレシピムービー「Cooking Dinner Vol. 1」

現在レシピコンテンツは数多くあり、クックパッドを始めとして国内でも数多くの情報が流通していますが、今回紹介するのは、動画で伝える、レシピムービー「Cooking Dinner Vol. 1」です。

cookmovie.jpg

非常に美しく作られており、一つ一つの工程が文字と動画で説明されており、動画内でも調理が展開されています。実際のムービーがvimeoに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年06月29日

人の動きに併せて変化するインタラクティブなステージ「Polygon Playground 」

海外では様々なアートプロジェクトで利用されているプロジェクション。今回紹介するのは、固定されたブロックに、様々な光を映して楽しめる、ステージ「Polygon Playground」を紹介したいと思います。

PolygonPlayground_03.jpg

時には不安定な空間だったり、切り分けられた、多面体だったり、水が流れる噴水だったりと、映し出される光によって、多様な世界を表面に築きあげられます。実際動作している様子がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

もし現状のデジタルツールがアナログだったら「The Art of Analog Computing 」

仕事もコミュニケーションも日々デジタル化が進んでいて、PCに向かって仕事をしている人だと特に、アナログなものに触れる機会が少なくなってきているのではないでしょうか?今日紹介する「The Art of Analog Computing」は、仕事で利用されるデジタルなものが全てアナログになったらどんな光景になるのかを描いた映像作品です。

analogc.jpg

舞台はとある会社。アナログなPC、コミュニケーションツールを利用して、仕事のよくある風景が展開されます。実際の映像がvimeoに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

街に溢れる物をアートに生まれ変わらせるプロジェクト「Sandrine Estrade Boulet artwork」

街には様々なものが溢れており、もちろんその中にはキレイなものばかりでは無く、放置されたゴミや雑草など、人間が暮らしているなかで、そのようなものも、街には存在します。今日紹介するのはそんな街で見かける、不要な者たちを、アートの一部にするアートプロジェクト「Sandrine Estrade Boulet artwork」です。

White-vador.jpg

上記のように、物を利用して、全く違うものに見えるようにしたり、描かれたアートがさらに面白くなるように利用しています。その他にもいくつか作品が公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

スポーツ用品を組み合わせて別の形で見せるアート「brian jungen: strange comfort」

様々なスポーツが世界中で行われており、競技に併せて、様々なスポーツ用品が展開されていますが、今日紹介するはスポーツ用品や、関連したものを集めて、組み合わせて全く違う形で見せるアート「brian jungen: strange comfort」を紹介したいと思います。

theprince.jpg

上記は野球のグローブを複数集めて、制作された鎧の騎士。様々な色のグローブを使い、表面まで、考えられて制作されています。上記の他にも様々な作品が公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

プロジェクションで映し出される歴史「YEKPARE」

海外では様々なクリエイティブなプロジェクトで用いられているプロジェクション。日本ではまだあまり見る機会がありませんが、建物にプロジェクターで映像を写し、光と影の効果で立体的な演出を可能にするダイナミックな手法ですが、今回紹介するのは、駅をスクリーンにしたプロジェクションプロジェクト「YEKPARE」です。

vimeoprojectio.jpg

こちらはトルコのハイダルパシャ駅を舞台にして行われたもので、イスタンブールの8500年の歴史をテーマに、制作された人のことです。実際の映像がvimeoに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative