2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年06月07日

日本の美しい風景をタイムラプスで「速く - Hayaku: A Time Lapse Journey Through Japan」

日本の今ある風景を美しい描写でタイムラプスで撮影した作品が今回紹介する「速く - Hayaku: A Time Lapse Journey Through Japan」です。特別な風景ではなく、普段日常的なシーンから様々な観光地まで日本の美しさが詰まった作品です。

hayaku.jpg

映像は7分にもおよび、様々なシーンがタイムラプスで切り取られています。実際の映像がvimeoに公開されていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年06月05日

クリエイターがデザイン「MOTTAINAIマイボトルプロジェクト」

好きなドリンクを入れてオフィスや学校などで「マイボトル」を利用している方も多いかと思いますが、今回は著名クリエイターがデザインしたマイボトルも登場する「MOTTAINAIマイボトルプロジェクト」を紹介したいと思います。

maibotoru02.jpg

さまざまなクリエイターたちが「MOTTAINAI」をテーマにマイボトル&ボトルカバーにもなるマイ風呂敷をデザイン。リサイクルの心と、デザインが融合した新プロジェクトとなっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年06月04日

レゴで作られた印刷機「Print with Lego」

世界中で愛されているブロック玩具レゴ。子どものおもちゃと言う枠を超え、様々なアートプロジェクトやクリエイティブでも利用されている創造性溢れる素材です。今日紹介するのはそんなレゴを使って作られた、実際プリントができる印刷機「Print with Lego」を紹介したいと思います。

designlegos.jpg

PCとつなげて、実際のプリンタのようにグラフィックなどを印刷できます。実際にPCで制作されたグラフィックを印刷しているシーンを収めた動画がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

未来の世界に展開されるかもしれないARグラフィティ「Polygon Graffiti」

現在様々なプロモーションやクリエイティブプロジェクトで活用されつつあるAR(拡張現実)ですが、今回紹介するのはもしもARを気軽に、携帯端末やウェアラブルな端末でマーカーを読み取ることができるようになったとしたら展開されそうなARを使った立体的なグラフィティ「Polygon Graffiti」を紹介したいと思います。

demoargrap.jpg

このグラフィティは街頭にマーカーかもしくは位置座標でオブジェクトを呼び出し、現実世界にポリゴンで描かれたグラフィティをオーバーレイするというものです。デモムービーがvimeoに公開されていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

空間上で情報を操る未来のインターフェイス「 John Underkoffler points to the future of UI」

TED2010が開催され、様々な未来のテクノロジーが発表されていましたが、今回紹介するのは身につけたグローブで操作できる、未来のインターフェイス「 John Underkoffler points to the future of UI」を紹介したいと思います。

ted.jpg

手の動きや位置などで動きが割り当てられており、グローブに設置されたセンサーベースで読み取って伝えているみたいです。実際動作しているデモがYouTubeの公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年05月31日

スチームパンクな歩く、巨大庭園「Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France」

先年度開催された「横浜 開国博Y150」でも集めた巨大グモを展開しているフランス西部のナント市に拠点を置く巨大アートを展開するラ・マシンが新作を発表。Designworksでも度々取り上げていますが、今まで蜘蛛や象、少女など生物が中心でしたが、今日紹介する「Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France」は自走する巨大な庭園となっています。

500x_st_la_machine_f.jpg

かなり独創的な風貌で、鉄の足の上に組み上げあられたステージに緑が並べられており、上部には気球のようなものが配置されています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

新しいプレゼントのラッピング方法「surprise ball」

通常プレゼントの包装と聞くと、箱にプレゼントを入れて紙でラッピングすると言うものを思い浮かべると思いますが、今回紹介するのは新しいプレゼントのラッピング方法「surprise ball」です。

3a572e37351520e0dfd5031100195ff8.jpg

上記のようにボールのようなラッピングで、通常のものとちがい、箱などは中に無く、幾重にも重なる紙でできていて、その紙と紙の間にプレゼントを入れこむと言うものです。言葉だとわかりにくいのですが、開封している動画がvimeoにアップロードされていましたので、下記からご覧くだいさい。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

フリーランスの次のステップをサポートする「FICC FREELANCE NETWORK」

フリーランスでデザイナーをする方は、さまざまなネットワークで仕事や人との繋がりを得ていると思いますが、今回はフリーランスの方のためのウェブクリエイターネットワーク「FICC FREELANCE NETWORK」を紹介したいと思います。

ficc.jpg

ウェブ制作会社「FICC.inc」が手掛けているウェブサービスで、クリエイティブを生かす」「 安定したリレーション」 「公開できる実績」をテーマにクライアントと webクリエイターとのビジネスをサポート。フリーランスで方のための活躍されている方は是非参加したいサービスではないでしょうか。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年05月29日

レシートの裏を活用した新しいコミュニケーションツール「Design Receipt Project」

買い物などをするともらえるレシート。ほとんどが裏が白で、たまにキャンペーン告知がクーポンが印刷されたレシートも存在しています。そんな中今回は、レシートの裏を活用した新しいコミュニケーションツール「Design Receipt Project」を紹介したいと思います。

designreceatpj.jpg

レシートの裏に、さまざまなアーティストが参加し描かれたグラフィックは印刷された、思わず手に取って見てしまうようなユニークなレシートとなっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年05月28日

もし車がなかったら、車だけが世界から消えた映像作品「Running on Empty」

生活の中で欠かせないものの一つ自動車。様々な国で主要な移動手段の一つのとして多くの方に利用されています。街にでれば自動車を見かけ無い日はないですし、都市圏では常に車が走っています。今日紹介するのは現状の道路などはそのままにもしも車だけがなくなってしまったらという世界を描いた動画作品「Running on Empty」を紹介したいと思います。

scsc.jpg

昔にもどるというわけではなく。現状車のためのインフラは残しながらも車だけを消し去っています。実際の動画がvimeoに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative