2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年01月05日

グラフィティマークアップ言語「Graffiti Markup Language」

街で展開されているグラフィティ。アーティスト特有の記号やアート性がありますが、今回紹介する「Graffiti Markup Language」はそんなグラフィティを一つのマークアップ言語で統一して世界中でグラフィティを気軽に配信できるようにと提案されたシステムです。

gmlgml.jpg

端末で描かれたグラフィティをそのまま、「Graffiti Markup Language」に基づきデータ化してサーバーにアップロードされるという仕組みになっています。共通の言語で書かれていますので、それが解読できる機器に渡せば、書かれたグラフィティがその機器によって再現されるというようになっています。言葉だと少々わかりにくいですが、一連の流れを動画にまとめたプロモーションムービーが公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

「WAR IS OVER」を様々な国の言語で表現した「WAR IS OVER! Multilingual posters」

「WAR IS OVER」と言えばジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)(Happy Xmas (War Is Over))を思い浮かべる人も多いかと思いますが、楽曲以上に、そのPRの一環としてWAR IS OVERという文字を広告として世界中の都市に掲示した事で、反戦のキーワードとして広く浸透していますが、今日紹介するのは「WAR IS OVER」を様々な国の言語で表現した「WAR IS OVER! Multilingual posters」。

warisover.jpg

英語はもちろん。様々な国の言葉の「WAR IS OVER」を見る事ができます。一覧してみるとまた受ける印象も違いますね。Flickrにセットで公開されていましたので、下記にスライドショーを貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2010年01月03日

エキサイティングなゲームを楽しめる新しい形の卓球台「Ping-Pong Tables: Unusual And Interesting Design Concepts.」

国内でもだれもが気軽に楽しめるスポーツとして人気の高い卓球。通常卓球台をイメージすると平面なテーブルがネットで区切られていると言うそんな印象を受けますが、今回紹介するのはエキサイティングなゲームを楽しめる新しい形の卓球台を集めたエントリー「Ping-Pong Tables: Unusual And Interesting Design Concepts.」です。

pingpong01.jpg

上記のように、今まで見た事がないような卓球台が多数あつめられていますが、今日はその中で紹介されている「 Laurent Perbos」の作品を紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年12月31日

ジュースのパックでつくるイルミネーション「Waste product recycled into a beautified product」

普通イルミネーションと聞くと、街で展開されているものを思い浮かべるかと思いますが、今回紹介するのは、日本でもよく見かける紙のパックジュースの容器にイルミネーションを施したアートワーク「Waste product recycled into a beautified product」を紹介したいと思います。

food-lights-1.jpg

紙パックのデザインを、活かしながら紙パックの上に見事な世界観を演出しています。ペットボトルを使ったリサイクルアートは良く見かけますが、紙パックは珍しいですね。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年12月30日

スニーカーをマーカーにしたアディダスのARプロモーション「Adidas Turns the Sneaker Into an Augmented Reality Device」

国内外で徐々に企業プロモーションにも使われ始めてきているARですが、今回紹介するのは販売されているスニーカー自体にマーカーをプリントしたアディダスのARプロモーション「Adidas Turns the Sneaker Into an Augmented Reality Device」です。

adidusar.jpg

上記のようにウェブカメラに映し出すと、立体的なイメージが表示されます。単に3Dイメージが表示されるだけではなく、このスニーカーをコントローラーにして三種類のゲームが展開されるとの事です。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年12月29日

ミクロの世界をイラストで楽しむ「CELL SIZE AND SCALE」

通常人間には見えない世界というのは沢山あって、人間の目の限界はおよそ0.1mm、光学顕微鏡の限界は約500 nmとミクロな世界も通常は人間が触れられない世界の一つです。今回はそんなミクロの世界をイラストレーションで楽しめる「CELL SIZE AND SCALE」です。

scailmelit01.jpg

基本はコーヒー豆から始まって、それと比較して少し小さいお米、さらに小さい種子とどんどんと小さなものになっていき、最終的には原始レベルまでミクロの世界を見る事ができます。順番にスライドしていくわけでなく、イラストのスライドバーでどんどんと拡大していく事ができます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

スタイリッシュなエアダスター「 American Digital Pro Co2 Dust and Particle」

PC周りの掃除には書かす事ができないアイテムエアダスターですが、一般的にエアダスターと聞くと、スプレー缶のような見た目を創造してしまいすが、今回紹介するのはスタイリッシュなエアダスター「 American Digital Pro Co2 Dust and Particle」です。

dustar01.jpg

こちらは手のひらサイズのエアダスターでシンプルなデザインになっています。コンパクトサイズなので、カメラや、PCの内部などの掃除には良いかもしれませんね。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年12月28日

ブランドロゴをA-Zまで並べたポスター「The ABC's of Branding」

手軽にディスプレイできデザインによってイメージをガラリと変えることができる、部屋のインテリアアイテムとして人気の高い「ポスター」、今回はブランドロゴをA-Zまで並べたポスター「The ABC's of Branding」を紹介市たいと思います。

burandrogo.jpg

金の箔押しで印刷、そして著名なロゴがA〜Zまで順番に並べられたデザインが印象的なポスターとなっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年12月27日

フロッピーで作られた様々なクリエイティブなアイテム「Floppydisks: Interesting Ways To Reuse Them.」

当時、PCの記録媒体として欠かせないモノだったフロッピー、CD、DVDと時代は移り変わり、今はもう見た事が無いと言う人も中にはいるのではないでしょうか?今日紹介する「Floppydisks: Interesting Ways To Reuse Them.」はそんなフロッピーデスクを使った、モチーフにしたクリエイティブなアイテムを集めたエントリーです。

flopydisk01.jpg
Disk Coasters

本物のフロッピーを使って作られたものから、モチーフとして利用しているものまで、様々なアイテムが紹介されていますが、今日はその中からいくつか気になったものを紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年12月26日

電動一輪車「Self Balancing Unicycle」

様々なものが電動式が取り入れられていますが、今日紹介するのはこんなものにまでとビックリする電動一輪車「Self Balancing Unicycle」です。ものすごくシンプルな作りで非常にコンパクトながらも電動式を実装しています。

ichirin.jpg

この電動一輪車に実際乗っているプロモーションムービーが公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative