2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年09月04日

錯覚を利用した空間アート「Georges Rousse- BENDING SPACE」

以前Designworksで「ある方向から見る事で完成する目の錯覚を利用したアートを生み出す「Georges Rousse」 」と言う記事でアーティスト「Georges Rousse」の作品を紹介しましたが、今回は同氏による作品のメイキング映像「Georges Rousse- BENDING SPACE」を紹介したいと思います。

sattkakuart.jpg

ものすごく計算されて制作されており、その精密さは大変すばらしいもので、写真に収められたその作品は全く違和感無く写真の上から描いたかのごとく表現されています。YouTubeにメイキングのシーンを納めた動画が公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年09月03日

ブリストルの動物園で行なわれている人間の展示「Humans on Display at Bristol Zoo」

イギリスのブリストルにある地域密着の小規模な動物園Bristol Zooの中でユーモア溢れる試みが行なわれています。その試みとは動物園の中でも人間があつまるレストランの窓の外に、動物と同じような、生態や分布や特徴等の解説をつけて人間を動物園の動物のように見せる「Humans on Display at Bristol Zoo」といわれるものです。

humanhomosapi.jpg

上記が実際表示されている札、human Homo sapiensと書かれ、世界中に分布している地図が書かれています。実際の動物園の様子がYouTubeにアップされていましたので下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative

街行く人とビートを重ねる「FreeBeats」

世界の人達が共通して楽しめる音楽。楽器だけでなくはなく様々な音の楽しみ方がありますが、今日紹介するのは「FreeBeats」と言う音楽プロジェクトでヒトリの青年が自分のボイスパーカッションの技術を武器に街に行き交う人達と様々な形で音を重ね、音楽を作り上げると言うものです。

freebeat01.jpg

用意するのはアンプとイス。そして自分用のマイクと、セッションする人用のマイクといった簡単な機材のみです。実際その模様が収録された動画がYoutubeにアップロードされていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から


続きを読む
posted by admin at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年09月02日

有名なロゴで歴史的な事件や文学作品等を表現するプロジェクト「logodrill」

企業や団体。またはプロジェクトや作品等に強力なアイデンティティを与えてくれるロゴ。今回はそんなロゴの中でも誰しもがしっているような有名なロゴを使って、歴史的な事件や文学作品等を表現するプロジェクト「logodrill」を紹介したいと思います。

logodesignlogo01.jpg

上記は歴史的な内容をあの有名なロゴに落とし込んだものです。中身は全く変わっていてもなんのロゴなのかが浮かんできます。現在第五回まで行なわれていて、様々なロゴを使い、色々な表現をされていますが、いくつかピックアップして紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

数式と写真の出会い。数式写真プロジェクト「FOUND FUNCTIONS 」

様々な写真プロジェクトが世の中では展開されていますが、今回紹介するのは数式と写真を組み合わせた今までに無い新たな手法で見せる写真プロジェクト「FOUND FUNCTIONS ;」です。ただ単に意味の無い数式が当てはめてあるのではなく、自然の中に見えるラインを関数の線に見立て、その数式とグラフがグリッドのなかに描写されています。

suushiki01.jpg

いくつか作品がWEB上に公開されていましたので、下記に気になったものをいくつか紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年09月01日

傘+人間で生み出すパフォーマンス「Everything That Happens in the mind of Julie Tremblay」

パフォーマンスと言っても非常に奥が深く、その表現はPOPなものから難解なものまで非常に多種多様なものが生み出されていますが、今日紹介するのはその中でも一風変わったパフォーマンス「Everything That Happens in the mind of Julie Tremblay」を紹介したいと思います。

everything-that-happens_jul.jpg

こちらの作品は人が傘で作った球に覆われるような形で現れ、集まったりバラけたり萎んだりして展開されていきます。上記の写真はコペンハーゲンで8月25日に行なわれた時のもので、実際のパフォーマンスのシーンを収録した動画がvimeoで公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

無数に並べられた楽器演奏動画を再生して自由自在に音楽を作る「in Bb2.0」

世界共通の文化の一つ音楽。国を超えて愛されているものですが、今日紹介するのは世界中で利用されている動画共有サービスYouTubeを使って新しい動画の楽しみ方を提案する「in Bb2.0」を紹介したいと思います。

bb2.jpg

ギター、トランペット、木琴、デジタルサウンドなどなど様々な音楽の映像を並べてその組み合わせで音楽を作り出すプロジェクトとなっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月31日

LEGOで作る精密なV8エンジン「Working Lego V8, 32 valve engine」

自動車産業などで多く用いられているV8エンジン。エンジンはその設計され尽くされた機能性や精密さなど単なる機械と言う枠を超えた魅力があります。今回紹介するのは、なんとV8エンジンをLEGOで再現した「Working Lego V8, 32 valve engine」です。

legolegost.jpg

レゴと言うと様々なアートプロジェクトで利用されていますが、今回は外側だけでの再現だけでなく、かなり細かな所まで動作するみたいです。写真を見てもその細かさが伝わってくるかと思いますが、実際動作しているシーンを納めた動画がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月29日

湖上で行なわれる大規模なアートオペラ「Bregenz Festival」

世界では様々なアートが展開されていて其の中でも大きな舞台、大きな装置をつかって視覚的に訴えかけるアートが存在します。Designworksでは「巨大アヒルのおもちゃに続く巨大アートプロジェクトをいくつか」や「巨大なアートが集まるアートイベント「バーニングマン」」など様々な巨大アートを紹介してきましたが、今回紹介するのは湖上で行なわれる大規模なアートオペラ「Bregenz Festival」です。

bregenz1.jpg

こちらのオペラは想像を絶するセットを舞台に行なわれるもので、ボーデン湖やライン川、万年雪や氷河に輝く3000m級のシルヴレッタ山岳、そしてスキーで名高いアークベルクの山々に囲まれ「永遠の庭園」とも呼ばれているブレゲンツで夏のフェスティバルとして行なわれているものです。実際の公演の様子がYouTubeにアップされていましたので下記に動画を貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月28日

渡さず使う名刺「Hot Tomali Communications Business card」

国内でも海外でもビジネスをする上で重要なコミュニケーションツールとして利用されている。名刺。各社、各業界自分の特徴や、強みなどを確実に伝えるために、様々な工夫やクリエイティブが公開されていますが、今回紹介する「Hot Tomali Communications Business card」は渡さずに使うというアイデアが盛り込まれたアイデア名刺です。

htccard_sms.jpg

これは上記のように名刺を渡さずにその場で折り曲げて、ネームプレートのように自分の前に置く事で、商談の際に常に自分が何者なのかというところをPRできるというものです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative