2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年08月27日

様々なモノで形作られるタイポグラフィ「we make words」

文字と言うのはバランスや形等で大きく印象が変わります。それは形だけでなく、どんなもので形作られているのかと言う所も重要な要素です。今回紹介する「we make words」は葉っぱだったり、みかんの皮だったり、生活の身近にあるもので、様々なタイポグラフィをひたすら作り上げるているサイトです。

awordmake01.jpg

かなりの数の書体が公開されていますが、今回はその中から気になったものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

Amazonのダンボールで作る「Amazon-met」

世界中に展開しており、オンライン通販サイトではもはや不動の地位を築き上げているAmazon。買い物はAmazonを中心にと言う方も多いのではないでしょうか!?今日紹介する「Amazon-met」はAmazonのダンボールを材料に作り上げられるアート作品です。

amazonmet01.jpg

接着剤のホットボンドと部品固定用のマジックテープ以外はすべてamazonのダンボール製。原材料はほぼかかっていませんが、Amazonのダンボールを獲得する為の買い物資金を考えるとかなりのお金がかかっているとの事です。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月26日

iphoneアプリのインターフェイスができるまでのデザインプロセス「Convert design evolution」

様々なiphoneアプリが公開されていますが、どれもタッチパネルで利用する事を前提として作られている為、通常のアプリケーションとは微妙にインターフェイスの設計で異なる部分があるかと思います。今日紹介するのはiphoneアプリのインターフェイスができるまでのデザインプロセスを描いた「Convert design evolution」。

appstore.jpg

様々な単位変換が行えるtap tap tapからリリースされているiPhoneアプリ「Convert - the unit calculator」のデザインプロセスとなります。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

水中でしか表現できない美しさを写し出すフォトグラファー「Zena Holloway」

様々な写真の手法があり、表現によって無限の広がりを見せる写真の表現。今回紹介するのは水中でしか表現できない美しさを映し出すフォトグラファー「Zena Holloway」の作品です。水の中の異世界を美しく描いた作品はとても魅力的です。

zenaholloway01.jpg

「Zena Holloway」はロンドン在中の水中撮影を専門にする写真家でもともとダイビングが好きで、それが高じて、水中写真を撮影する事になったとの事です。その作品は写真だけに留まらず、動画作品も公開されています。実際の映像がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

都市フォント構想「cityfont.com voice if a city」

書体には力があります。文字の形、雰囲気で言葉と合わさって様々な印象を作り出したり、与えたりする事ができます。今回紹介する「cityfont.com voice if a city」は都市フォント構想を推奨するもので、都市フォント構想とは都市が独自に持っている個性や魅力をフォントのデザインに取り入れることで、都市らしさを具現化するための構想だそうです。

cityfont01.jpg

具体的には都市オリジナルのフォントをあらゆる媒体に統一的に使用することで、都市アイデンティティの形成を助け、市民の一体感を醸成し、都市景観に貢献するツールとして活用していく事を目的としているみたいです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月25日

凄まじい個性を放つ中国の写真家「Li Wei」

世界には様々な写真家が活動していて、様々なプロジェクトが実施され、おのおのコンセプトや信念を持って撮影、制作されていますが、今日紹介する中国の写真家「Li Wei」の作品が際立って個性的だったので今回紹介したいと思います。

rewii01.jpg

上記は人間が矢に見立てられて撮影されたものです。上記のような非常にインパクトのある作品を多々こうかいしており、人間のカラダを存分に使ったパフォーマンス的な写真を発表しています。いくつかの写真が公開されていましたので、気になったものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

Pantoneカラーで作る虹「Basheer Rainbow」

色鮮やかで美しい虹。光の色合いで様々な色を放ち人々を魅了します。今回紹介するのは一般的にも携帯電話等利用され有名になったPantoneのカラーチップで虹を作るプロジェクト「Basheer Rainbow」です。

pantonrainbow01.jpg

上記の写真を見る限り見事に虹が表現されており、その全長は8メートルにも及ぶそうで使われているPantoneのカラーチップの数は5000程使われているとの事でクオリティが非常に高くかなり目を引くものになっています。近くによって撮影された写真も併せて公開されていましたので下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

レゴブロックで建てる人間が住める家「 James May’s Lego House (with Pics)」

世界中で愛されているレゴ。様々なアートプロジェクトでも利用されていますが、今回紹介する「 James May’s Lego House (with Pics)」はトイレなどの水回りの部分も含めて、すべてレゴブロックを利用して建設されてているとのことです。

legohouse.jpg

驚くべき事に材料として、レゴブロックを作っているだけではなく、接合に一切接着剤などは使わずレゴブロックの接合面のみを使って建設されたそうです。実際いくつかの画像が公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月24日

レゴを使ったピクセルアートのようなアニメーション「8-Bit Trip」

レゴをテーマにしたアートプロジェクトは今までDesignworksでも多々紹介してきましたが、今回紹介するのはレゴをつかってピクセルアートのような世界観を作り上げた動画作品「8-Bit Trip」です。

legomotions.jpg

昔のゲームの画面のように様々な表現がなされていますが、すべてレゴをつかって表現されており、その動きやクオリティには驚かされます。実際の動画がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年08月23日

食べ物で作るアート「Funky Lunch - sandwich creations」

キャラクターをお弁当の具材で表現したキャラ弁やレコードジャケットを同じく食材で表現したレコードジャケット弁当など日本でも食材をつかって表現する事は多いに流行していますが、今回紹介するのは同じように食材を使って作り上げるアートを公開している「Funky Lunch - sandwich creations」です。

foodart.jpg

「Funky Lunch - sandwich creations」と言う名前の通り、サンドイッチというところは外さずに様々な食材をつかって動物やキャラクターを表現した作品が多々公開されています。今回は公開されているもののなかからいくつか気になったものを紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative