2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年07月27日

平面で描く立体的な空間「Coldplay - Strawberry Swing」

平面を別の視点で捉えた動画作品は多々ありますが、こちらの作品は平面で構成されているものの風景を立体的に描く事で、まるで3Dの空間がそこにひろがっているようなそんな感覚を与えてくれる動画作品です。

coldplay.jpg

実際の動画がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creative

鏡とホッチキスの針でつくる都市「Low-Rise 2006」

様々なアイデア溢れるアートワークが色々と発表されていますが、今日は日常生活でも良く見かける鏡とホッチキスの針を上手く使ったアートワーク「Low-Rise 2006」を紹介したいと思います。

12_high-rise-200601.jpg
Staples and mirror 180x80cm

鏡に映るホッチキスの針の群はまるで水上都市のようなそんな風景に見えます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

サンドアートをストップモーションで描く「Stop Motion Sand Sculpture」

夏の砂浜に現れる砂の造形美サンドアート。様々な海岸で様々なプロジェクトが行なわれていますが、今回紹介するのはそんなサンドアートを使った動画作品「Stop Motion Sand Sculpture」です。

sandart01.jpg

様々な形が作られては消されていき砂の造形の可能性を垣間見させてくれる作品です。実際の動画YouTubeに掲載されていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年07月26日

名曲のアルバムをLEGOで制作する「30 Classic Music Albums Recreated With Lego」

様々なLEGOを使ったプロジェクトが世界中で公開されています。その中でも良く話題になるのがアルバムをレゴで再現するプロジェクト。Designworksでも
HIPHOPのアルバムジャケットをLEGOで表現した「20 Classic Hip Hop Album Covers Recreated in LEGO」」や「20枚のアルバムジャケットをレゴで表現した「20 Album Covers Recreated in LEGO」」などと様々なプロジェクトが公開されていましたが、今日もそんなアルバムをレゴで再現するプロジェクト「30 Classic Music Albums Recreated With Lego」を紹介したいと思います。

jacketdesign.jpg

いくつもの誰もが知っている名アルバムが制作されています。制作されているアルバムジャケットは全部で84枚にも及び全てFlickrにpoolでまとめられていましたので、スライドショーを貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年07月25日

タッチパネルで3Dモデリング「SpaceClaim MultiTouch 720p」

先日「トラックボールマウスとタブレットで描く新感覚3D描画ツール「Rhonda」」と言う記事で新しいインターフェイスを使った3Dツールを紹介しましたが、今日紹介する「SpaceClaim MultiTouch 720p」も新感覚の3Dモデリングツールです。

3d3d.jpg

タッチパネルをつかって、自由に空間とオブジェクトを操作していきます。実際にツールを操作している動画がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年07月24日

建物をスクリーンにした新しいメディアの可能性「555 KUBIK Facade Projection」

建物の壁面をスクリーンにしたプロジェクトは今までも「プロジェクター×建物で現実を変える「 Videoprojection Showreel 2009 EASYWEB 」」や「古城をスクリーンにした光のアート「TETRAGRAM FOR ENLARGEMENT」」と言った記事で紹介してきましたが、今回紹介する「555 KUBIK Facade Projection」も建物をスクリーンにしたプロジェクトです。

555_kubik_3.jpg

こちらのプロジェクトはドイツのハンブルグで行なわれ実際街中で人通りがあるなかでおこなわれたみたいです。実際の映像がvimeoにアップロードされていましたので下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

トラックボールマウスとタブレットで描く新感覚3D描画ツール「Rhonda」

3Dを制作する時皆さんはどんなツールをつかっているでしょうか?あまり専門ではないので3Dツールを使った事は数えるぐらいしかないですが、そのときはワイヤーフレームを多方面から見るそんなインターフェイスでした。今日紹介するトラックボールマウスとタブレットで描く新感覚3D描画ツール「Rhonda」は空間を自在に操りながら描いていける新感覚の3D制作シーンです。

rhonda.jpg

実際ツールを使って様々なワイヤーフレームを描いているシーンが動画で公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 16:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creative
2009年07月23日

空の広告枠の写真集「Empty Advertising Space」

街には様々な広告枠が存在しますが、当たり前の事ですが。それは一つ一つ商品で、広告を掲載している企業や団体が買っているものです。ここ最近の世界的な不況もあり街をでると空いている広告枠を目にする事も多くなってきた気がしますが、今日紹介するのは空いている広告枠をテーマに下写真集「Empty Advertising Space」です。

empty1.jpg

単に広告が貼られていないボードを撮影しているわけではなく、照明型の看板広告の空き枠を広告の無い状態で点灯しているものが中心です。いくつか作品が公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年07月22日

音楽を繋ぎ合わせた空間とペンキで表したビデオクリップ「Metronomy - On the Motorway」

音楽を革新的な映像で表現したビデオクリップが今回紹介する「Metronomy - On the Motorway」です。こちらは映像を繋ぎ合わせて、その中央を消失点として両サイドにペンキを使って音楽に合わせてペインティングしていくというものです。

metronomy.jpg

音に併せて繰り広げられる世界は今までには無かった感覚を与えてくれます。実際の映像がvimeoで公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
2009年07月21日

Twitter、TEL、ポートフォリオにアクセスできるAR(拡張現実)名刺「Augmented Businesscard」

以前AR(拡張現実)を用いた名刺Designworksでも「マーカーが印刷されたAR(現実拡張)名刺「AR Business Card」」と言う記事で取り上げましたが、そのときのものはマーカーからキューブで表現されたポリゴンが浮かび上がるというものでしたが、今回紹介する「Augmented Businesscard」はもっと実用的で、フォログラフィーのように名刺の人物が浮かび上がりTwitter、TEL、ポートフォリオにアクセスできるようになったものです。

twitter01ar.jpg

実際動作している動画がvimeoに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative